示現舎事件東京高裁判決をめぐって 丹羽徹(龍谷大学)

Epson_202309250958572

Epson_202309250958571

Epson_202309250958573

|

人権連若手交流会1012 名古屋

3rd_1248_03

|

大臣職と家庭との両立は(山形新聞)|能町みね子


大臣職と家庭との両立は(山形新聞)|能町みね子
言葉尻とらえ隊 第564回

2023/09/24

 岸田再改造内閣の女性閣僚は5人で過去最多タイだそうで、それが目玉だとか語られているけど、01年の第一次小泉内閣ですでに5人いたのです。20年以上も進んでいない。これが目玉だと胸を張れる人たちの神経が分からない。

 そして、女性の起用について「女性ならではの感性や、あるいは共感力」の発揮を期待するという、腐り果てるほど古いフレーズを持ってくる岸田文雄センス。衝撃です。

 起用した男に「男性ならではの感性に期待」なんて言わないのは、その男の個性を見ているからです。つまり、女を起用した男が「女性ならでは」なんて言うとき、その男は、対象者が女であるということ以外何も見ていない。岸田にはのっぺりとした一つの「女」像だけがあり、女性は誰でもだいたい同じものだと思っているのでしょう。

 そんな彼が言う「女性ならではの感性」なんて、所詮手垢のついた、男を癒やすための優しさとか母性みたいなものと結びついた観念です。20年、岸田文雄が総裁選への立候補時にツイッターに上げた、昭和の夫婦コントみたいな写真――夫(岸田)は座って妻の料理を食べ、妻はエプロン姿で自分は食べず立って夫を笑顔で見守るというもの――が岸田の理想の男女像。各家庭にはどんな形があったっていいけれど、こんな写真を政治家としてアップすることには確実に意味がある。5人の女性閣僚にエプロンを着けて料理を作ってもらったら彼は「女性ならではのサービスだ」と満足するかもね。

 ちなみに今回の女性閣僚は、上川陽子、高市早苗、加藤鮎子、自見英子、土屋品子の5名ですが、新しく登用された後者3人は、加藤鮎子は加藤紘一の娘、自見英子は元郵政大臣・自見庄三郎の娘、土屋品子は元参議院議長・土屋義彦の娘。100%世襲ですごい。「女性登用」と言っても所詮は父ちゃんに力がある人ばかり。登用する側のおじさんたちもこういう安心できる「準男性」みたいなのがいいんでしょう。彼女らは「女性ならではの感性・共感力」なんてものじゃなく、世襲ならではのコネ性、庶民への共感力の無さを武器に活動することになるんでしょうね。

 さて、加藤鮎子は今回の登用にあたり地元の山形新聞でインタビューを受けていますが、その記事で彼女は「大臣職と家庭との両立は」と聞かれています。

 おい、山形新聞よ! そんな質問を、新聞がするなよ!

 男にはこんな質問をしないでしょう。家庭のことは女がやるものと決めつけているからできる質問です。いやあ、この手の問題は岸田や自民党議員ばかりの話じゃないんだよねえ。新聞まで含め、日本に根を張りまくった深い厄介な問題だ。溜息が出る。

 加藤はこの質問自体のおかしさは問わず、「(夫と)二人三脚で頑張っていきたい」などと無難に答えていましたが、「女性活躍」について聞かれた質問では「(県内には)性別による役割分担意識も色濃く残っているように感じる」と答えていました。さっきの質問への当てつけかと思いましたよ。

(のうまちみねこ 物書きで絵描き。1979年北海道生まれ。茨城県出身。近刊に『私以外みんな不潔』『皆様、関係者の皆様』他。共著に『慣れろ、おちょくれ、踏み外せ』。)

source : 週刊文春 2023年9月28日号

|

自民党 永岡桂子 前文部科学大臣が 顧問! 茨城県下自治体が恐れる 「部落解放愛する会」By 宮部 龍彦

https://jigensha.info/2023/09/18/nagaoka/

ダウンロード - 20230918.pdf

|

2023年度人権と同和問題解決に係わるお尋ねと要望について 茨城県連

2023年6月1日
首長・教育長殿
      茨城県地域人権運動連合会

2023年度人権と同和問題解決に係わるお尋ねと要望について(抜粋)

例年行っております下記の事項について7月末までの回答をお願い致します。

質問項目

1,以下について昨年度の実績と今年度予算関係を明らかにされたい。
①地方改善事業や旧教育集会所事業、隣保館事業関係(国県市町村別補助金の内訳も)

②相談員配置(自治体単独と広域隣保に関し、人数と所属運動団体もしくは推薦運動団体、配置先、管理権限者、月の報酬額、月の相談実績、設置や服務規程)状況を明らかにされたい。なお同和対策事業法終結のもと、事業対象区域や「実績」も曖昧で相談対象者も特定団体に偏向し、問題解決に逆行する事業の廃止を求める。

③部落解放運動団体等補助金の団体別金額を示すとともに、市民の反感を生み差別解消を妨げている団体補助金制度、とりわけ団体の自立的活動である会議や大会への補助を全廃すること。市民団体も受けられる人権啓発委託事業を創設すること。

④上記関係団体等の機関紙誌購読状況(団体別支出額と部数内訳)を明らかにすると共に、人権連と他組織とに較差がある場合は公平性確保のため人権連機関紙誌の購読増もしくは他団体の削減を求める。

⑤同和団体関係主催の行政教職員研修や学習会参加の個々の実績(金額)と予算

⑥市民の人権問題に係る理解向上につながる人権啓発と学習支援を推進すること。

2,旧教育集会所の維持管理等係わる自治体負担額と旧同和対策農林業近代化施設に係わり自治体による税の減免額も明らかにされたい。早期の住民移管を求める。

3,「部落差別解消法」の条例化は必要ない。付帯決議の遵守・具体化をされたい。

4,自治体による職員や住民研修は運動団体の理念の違いをふまえ団体の公平な対応を求める。(特定団体のみを講師として実施している自治体は即刻見直すこと。)

5,8業士の戸籍謄本等の取得にあたり「本人通知制度」の導入は弊害が多く、日弁連も人権連も反対であり、事故後とすべき。貴殿の見解を明らかにされたい。

|

1987年3月17日総務庁地域改善対策室「地域改善対策啓発推進指針(啓発推進指針)」  論点明快

ダウンロード - tiikikaizenkeihatusisin.pdf

|

映画「福田村事件」 「出来はイマイチ」(東京新聞)

ダウンロード - 0905.pdf

|

「差別禁止法」ではなく「被害者救済」 自由同和会2023年度方針

ダウンロード - human2454.pdf

|

関東大震災100年 他民族支配の反動

兄は千葉県福田村で虐殺に遭い、弟は茨城に行商していて助かった。


無抵抗の民をデマで殺害し、恩赦で出獄の不条理。


朝鮮人虐殺被害者は、山田昭次によると多くて6644人。


多いのは神奈川3999人、千葉県は329人、茨城でも5人。


山田は国家責任と民衆責任を問うている。


「差別意識」で責任の所在を曖昧にする岸田政権追及を


おろそかにする政治家やマスコミなど。


誰がデマを垂れ流しているか、今も構図は変わらない。

『歴史地理教育』9月号

ダウンロード - 20230903.pdf

|

福田村事件 -関東大震災・知られざる悲劇

福田村事件 -関東大震災・知られざる悲劇
単行本(ソフトカバー) – 2023/6/24
辻野弥生 (著)


https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909542558/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

四国から千葉へやってきた行商人達が朝鮮人と疑いをかけられ、正義を掲げる自警団によって幼児、妊婦を含む9名が惨殺された。
映画『福田村事件』(森達也監修)が依拠した史科書籍。長きに渡るタブー事件を掘り起こした名著。【森達也監督の特別寄稿付き】

「辻野さん、ぜひ調べてください。......地元の人間には書けないから」
その時から、歴史好きの平凡な主婦の挑戦が始まった。
「アンタ、何を言い出すんだ!」と怒鳴られつつ取材と調査を進め、2013年に旧著『福田村事件』を地方出版社から上梓したものの、版元の廃業で本は絶版に。
しかし数年後、ひとりの編集者が「復刊しませんか?」と声をかけてきた。
さらに数年後、とある監督が「映画にしたいのです」と申し入れてきた──。
福田村・田中村事件についてのまとまった唯一の書籍が関東大震災100年の今年2023年、増補改訂版として満を持して刊行!

【福田村・田中村事件】
関東大震災が発生した1923年( 大正12年)9月1日以後、各地で「 不逞鮮人」 狩りが横行するなか、 9月6日、 四国の香川県からやって来て千葉県の福田村に投宿していた15名の売薬行商人の一行が朝鮮人との疑いをかけられ、地元の福田村・田中村の自警団によって、ある者は鳶口で頭を割られ、ある者は手を縛られたまま利根川に放り投げられた。虐殺された者9 名のうちには、 6歳 ・ 4歳 ・ 2 歳の幼児と妊婦も含まれていた。犯行に及んだ者たちは法廷で自分たちの正義を滔々と語り、なかには出所後に自治体の長になった者まで出て、事件は地元のタブーと化した。そしてさらに、行商人一行が香川の被差別部落出身者たちだったことが、事件の真相解明をさらに難しくした。

B0ccrl4ypb01_sclzzzzzzz_sx500_

|

より以前の記事一覧