« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月に作成された記事

埼玉自民党県議団は、部落差別の解消を進める条例の骨子案も、23日の議会運営委員会に

LGBTQ支援条例案骨子案示す 自民党埼玉県議団/埼玉県
テレ玉 - 木曜日


 県議会最大会派の自民党県議団は、LGBTQなどの性の多様性の支援に関する条例の骨子案を議会運営委員会に示しました。6月定例県議会開会中の提出を目指します。

 議会運営委員会条例の骨子案には、性的指向や自分の性別についての認識=「性自認」を理由とした不当な差別や、本人の了解を得ずに暴露する「アウティング」を禁止することを盛り込んでいます。

 また、性的指向や性自認を表明することを、強制・禁止してはならないとしています。

 県が2020年度に県民を対象に行った調査では、回答者全体の3・3パーセントにあたる184人が「性的マイノリティ」で、このうち、6割以上が「自死の可能性を考えた」などと答えています。

 提案する理由について、自民党県議団の田村琢実議員は「性的指向や性自認で、社会の不合理や不平等を感じる県民が相当数いる現状がある」と説明しました。

 自民党県議団は、併せて部落差別の解消を進める条例の骨子案も、23日の議会運営委員会で示しています。

 骨子案は今後も議会運営委員会で協議され、自民党県議団は今議会中の条例案提出を目指します。

|

大阪の闘い 総括 民権連終結 データ削除0704

 

 

 

 

 

 

|

水平社創立100周年記念報道を検証 神戸人権交流協議会

2022年06月20日
水平社創立100周年記念報道を検証しました
私たちの夢は150周年、200周年は静かに迎えることだ

カテゴリ:常識から考えてこれはおかしいよ

https://plaza.rakuten.co.jp/jinkenren/diary/202206200000/
神戸人権交流協議会

|

行政モニタリングの問題の所在など 書評

書評
 言論表現の自由及び内心の自由を土台に
 行政の適正手続きの透明性の確保
 権力的規制の排除
 他にも論点がある 一読を。
 

テクノロジーと差別: ネットヘイトから「AIによる差別」まで
単行本 – 2022/2/10
解放出版社

宮下 萌 (著, 編集), 明戸 隆浩 (著), 石川 優実 (著), 川口 泰司 (著), 上瀧 浩子 (著), 曺 慶鎬 (著), 唐澤 貴洋 (著), 佐藤 佳弘 (著), 金 尚均 (著), 成原 慧 (著), 佐藤 暁子 (著)

ダウンロード - monita20220621.pdf

|

放映時間変更  8月31日(水)22時NHKテレビ第1「歴史探検」 米騒動

8月31日(水)22時にNHKテレビ第1チャンネルの
  「歴史探偵」という番組で、小生が「米騒動」像の更新を話します。  
 米騒動史研究会 井本三夫

|

茨城版6月15日号

ダウンロード - e88ca8e59f8e20220615.pdf

 

|

平和行進 水戸→筑西

ダウンロード - 20220609.pdf


 

|

人権を考えるふくちやまの会

ダウンロード - 20220608.pdf


|

インターネット上の誹謗中傷をめぐる法的問題に関する有識者検討会取りまとめ

報告書公表のご案内(インターネット上の誹謗中傷をめぐる法的問題に関する有識者検討会事務局)

各位

平素よりお世話になっております。
インターネット上の誹謗中傷をめぐる法的問題に関する有識者検討会事務局です。

先般は、本検討会の中間取りまとめに対する
貴重なご指摘・ご意見をお寄せいただきましたこと、篤く御礼申し上げます。

昨日、下記にて本検討会の取りまとめを公表いたしましたのでご案内申し上げます。
https://www.shojihomu.or.jp/kenkyuu/nethibouchusyo#report

ご意見募集結果や第11回会議以降の資料等も追って公開すべく準備を進めております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

--
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネット上の誹謗中傷をめぐる法的問題に関する有識者検討会 事務局
公益社団法人商事法務研究会
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
茅場町ブロードスクエア 2階
Mail:kenkyuchosa+c2@shojihomu.or.jp

|

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »