« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月に作成された記事

第2期川崎市人権施策推進協議会 答申

第2期川崎市人権施策推進協議会 答申について
2018年3月28日

http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000096628.html

第2期川崎市人権施策推進協議会は、平成28年7月13日に市長から「差別や偏見のない社会を実現するための施策の強化」について諮問受け、この間、審議を重ねてきました。
その内容が答申としてまとめられ、次のとおり市長に提出されました。

1 提出日時 
 平成30(2018)年3月28日(水) 午前10時00分
2 タイトル 
 「差別や偏見のない社会を実現するための施策の強化」について(答申)

|

京都府がヘイトスピーチを“事前規制”

京都府がヘイトスピーチを“事前規制”へ 「ネット上の発信内容もチェック」
www.mbs.jp/news/kansai/20180322/00000054.shtml

 特定の民族や国籍の人に対し差別的な言動を行うヘイトスピーチ。全国各地で問題となり国が対策法をつくるなど規制の動きも進んでいますが、京都府は公共の施設でヘイトスピーチが行われる恐れがある場合、つまりヘイトスピーチをしそうな人が施設を使いたいと申請してきた場合に、「使用を認めない」「許可を出さない」という方針を固めました。これは全国でも珍しい試みです。というのも、ヘイトスピーチは確かに許されませんが、この人が何を言うかがわからない段階で行政が規制をかけることはできるのか、という問題があるからです。

 京都では、2009年に「在日特権を許さない市民の会」いわゆる在特会が朝鮮学校前で憎悪に満ちた言葉で罵倒を繰り返すなどのヘイトスピーチが行われました。

 こうした中、国はおととし「ヘイトスピーチ対策法」を制定し、各自治体にヘイトスピーチ解消に向け取り組むよう求めてきたのですが、それを受け京都府が打ち出したのが「公共の施設でヘイトスピーチが行われると予想される場合、施設の利用を許可しない」という方針。まだ行われていないヘイトスピーチに対して事前に規制をかけるのは神奈川県川崎市に次いで全国2例目です。

 「街頭宣伝活動が行われるのは公園であったり、不特定多数の方が集会を行うことが可能な施設。事前にヘイトスピーチが行われることを防止していく」(京都府人権啓発推進室 浅野浩司参事)

 一方、大阪市は全国に先駆けてヘイトスピーチ対策の条例をつくり、ヘイトスピーチを行った団体や個人の氏名を公表するとしていますが、公共施設の使用については制限していません。「事前にヘイトスピーチをするかどうかは判断できない」として見送られたのです。

 「さまざまな市民の活動を公権力である役所があらかじめ抑制するというのは、本来の姿ではない」(吉村洋文大阪市長・2016年)

 では、京都府はヘイトスピーチが行われると事前にどう判断するのでしょうか。

 「申請書や申請者の説明などから、事前に判明している集会のテーマや言論の内容を判断材料にする。もうひとつは、申請者の方々が過去に行った集会の内容やそこで行われた言動についても判断材料としたい」(京都府人権啓発推進室 浅野浩司参事)

 ネット上での発信内容などもチェックし、ヘイトスピーチが確実に行われると客観的に予測できるか調査。弁護士などからなる第三者機関の意見も聴いた上で、総合的に判断するとしています。

 「憲法で保障された表現の自由、集会の自由を不当に侵害することだけは絶対にあってはならないので、一つ一つ丁寧に判断していくことが求められる」(京都府人権啓発推進室 浅野浩司参事)

 京都府は「この取り組みをきっかけに、ヘイトスピーチ解消に向けた府民の理解が深まることを期待したい」としていて、新しい方針について今月中にも運用を始める予定です。


ヘイト根絶議案可決
川崎市議会
https://www.townnews.co.jp/0206/2018/03/23/424898.html

 川崎市議会は今月16日、「ヘイトスピーチの根絶に関する決議案」を全会一致で可決した。

 決議文は、公園や市民館などの公的施設でヘイトスピーチを事前規正するガイドラインが今月末から施行されるのを前に、市にガイドラインの適正運用を求め、ヘイトスピーチの根絶の意思を示すねらいがある。

 複数の関係者によると、決議案は自民、公明、共産、民進みらいの4会派から提案。議決前には1人の議員が退席したが、議場にいた残りの議員全会一致で可決したという。

A000750778_01

|

太田理財局長「私は公務員としてお仕えしてきた。

ジャム
https://twitter.com/jam9801

和田政宗「太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官を務めていた。増税派だからアベノミクスを潰すために、安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしてるのではないか」

https://twitter.com/twitter/statuses/975542074593370112

森達也(映画監督・作家)‏ @MoriTatsuyaInfo 
森達也(映画監督・作家)さんが山崎広子をリツイートしました

このとき和田議員は、民主党政権時代に太田理財局長が野田首相の秘書官だったと前置きしていた。つまり「あなたの虚偽の原点は民主党とともにあったのか」とのイメージ操作。観ながらその露骨さに呆れた。いつも冷静さを保とうとしている太田理財局長なのに、このときはさすがに答えながら激していた。

和田議員(自民)「総理は関与があったなら議員を辞めるとまでおっしゃった。これほど覚悟をもった方は少ない。理財局が勝手にやったことだし、安倍政権を潰すために変な答弁をしているのか?」

太田理財局長「私は公務員としてお仕えしてきた。さすがにそういうことを言うのはやめていただきたい」

|

ネットの部落差別「いたちごっこ」 監視続ける自治体

ネットの部落差別「いたちごっこ」 監視続ける自治体

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000022-asahi-soci

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »