« 川崎市のヘイト規制条例案 意見応募719まで | トップページ | 稲田氏への「報告」示す直筆メモを入手 »

刃物入り封筒 部落解放同盟宛てに郵送

刃物入り封筒
部落解放同盟宛てに郵送 組坂委員長けが
 
https://mainichi.jp/articles/20170720/k00/00m/040/182000c?mode=print
毎日新聞2017年7月20日 08時30分
福岡などの関係先5カ所 脅迫容疑などで捜査
 
 部落解放同盟(本部・東京都中央区)の関係先5カ所に刃物やアイスピックが入った封筒計9通が送りつけられていたことが分かった。組坂繁之委員長(74)=福岡県小郡市=は自宅にナイフの刃が貼られた封筒が届き負傷した。警察が被害届を受け脅迫などの容疑で捜査している。
 部落解放同盟福岡県連によると、組坂委員長が自宅で封筒を見つけたのは5月7日で、差出人名は実在の著名人になっていた。開封口内側に工作用のデザインナイフの刃(長さ約3センチ、幅約1センチ)2本が上向きに貼られており、組坂委員長は中身を取り出そうとして右親指を切った。
 
 A4判の手紙が1枚入っており、三重県の男性を差別的文言で中傷し「(男性の)教育指導を(するよう)お前の団体に送ったのに何の返答もないとは 説明しろや」「これ以上平民怒らせたらこれぐらいでは済まないよ」などと書かれていた。消印は5月2日付で三重県四日市市内から出されていた。
 
 中央本部によると、同様の手紙は3、4月に三重県連に5通、中央本部、同本部大阪事務所、解放新聞社(大阪市)に各1通届き、うち2通はナイフの刃が貼られ、他もアイスピックやカッターナイフの刃が入っていた。差出人名には警察署の名前も使われていた。
 
 昨年12月に部落差別解消推進法が施行されたが、地図検索サイト「グーグルマップ」の大阪市の私鉄駅名に何者かが「部落」と付記したことが今年6月に判明するなど差別事案が続いている。組坂委員長は「このような脅迫状は初めてで卑劣。残念でならない」と話している。




解放同盟本部や委員長宅など、刃物入り封書9通
2017年07月20日 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170720-OYT1T50064.html  

部落解放同盟の中央本部(東京)など関係先5か所に、今年3~5月にかけて、カッターの刃などの入った封書計9通が届いていたことが分かった。  同本部などは警察に被害届を出した。  組坂繁之・中央執行委員長によると、封書が届いたのは、大阪事務所や三重県連合会、組坂委員長の福岡県内の自宅など。いずれも三重県内の福祉施設を巡るトラブルに関して特定の男性を中傷したり、部落解放同盟の対応を批判したりするような内容の文書とともに、アイスピックやカッターの刃などが同封されていたという。組坂委員長は福岡県警に被害届を出した。  5月上旬に組坂委員長の元に届いた封書には、小刀の刃先のようなものが2枚貼り付けられ、開封時に組坂委員長が指先を切る軽いけがをした。消印は三重県内で、同封されていたA4判の文書には「これ以上怒らせたら(中略)今日のこれくらいでは済まないよ?」などと印字されていた。

|

« 川崎市のヘイト規制条例案 意見応募719まで | トップページ | 稲田氏への「報告」示す直筆メモを入手 »

んー何だか」カテゴリの記事