« 道議会 ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動に対する対策を国に求める意見書採択 | トップページ | 政調、差別問題に関する特命委員会部落問題に関する小委員会 »

平成27年における「人権侵犯事件」の状況について(概要)

平成27年における「人権侵犯事件」の状況について(概要)~人権侵害に対する法務省の人権擁護機関の取組~
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03_00199.html
平成28年3月18日
1 「人権侵犯事件」に対する取組状況
 法務省の人権擁護機関は,人権侵犯事件調査処理規程(平成16年法務省訓令第2号)に基づき,人権侵害を受けた者からの申告等を端緒に人権侵害による被害の救済に努めている。
 平成27年(暦年)における人権侵犯事件の取組状況は,以下のとおりである。 
(1) 新規救済手続開始件数
  20,999件(対前年比3.3%減少)
(2) 処理件数
  21,044件(対前年比3.1%減少)
 
2 新規救済手続開始件数からみた特徴
(1) インターネット上の人権侵害情報に関する人権侵犯事件の増加
     1,736件(対前年比21.5%増加)
     前年の過去最高件数を更新した(10年前と比較して約6.4倍に増加)。
(2) 労働権に関する人権侵犯事件の増加
     2,488件(対前年比10.8%増加)
(3) 学校におけるいじめに関する人権侵犯事件の増加
     3,883件(対前年比 3.2%増加)

|

« 道議会 ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動に対する対策を国に求める意見書採択 | トップページ | 政調、差別問題に関する特命委員会部落問題に関する小委員会 »

つれずれ」カテゴリの記事