« | トップページ | ダブル選の帰趨は「大阪自民+共産・民主・公明=オール大阪」の連携に »

今年度中にヘイトスピーチの実態調査

岩城法務大臣初登庁後記者会見の概要
平成27年10月7日(水)
 この度,法務大臣に就任いたしました岩城光英と申します。どうぞよろしくお願いしたいと存じます。
 法務省は,法秩序の維持,国民の権利の擁護を通して,国民生活の安全・安心を守るための法的基盤を整備するという重要な使命を帯びています。その大臣を拝命し,とても身の引き締まる思いです。
 法務行政の課題について,安倍総理からは四つの指示を頂いています。
 まず,国民に身近で頼りがいのある司法の実現に向けて司法制度改革を進める。二つ目に,差別や虐待のない社会を目指し,個別法によるきめ細かな人権救済を推進する。三つ目に,関係大臣と協力し,「世界一安全な国,日本」を作るため,犯罪被害者の支援,刑務所等出所者の再犯防止や社会復帰支援,組織犯罪対策など,社会を明るくするための施策を総合的に推進する。最後に,我が国の領土,領海,領空の警戒警備について,関係大臣と緊密に連携し,緊張感を持って,情報収集を行うとともに,事態に応じて我が国の法令に基づき適切に対処する,との指示を受けています。
 いずれも,国民生活にとって大変重要な課題です。上川前大臣の下においても,これらを含む様々な課題にしっかりと取り組んで来られたものと承知していますが,私も関係大臣等と連携しながら,その責任を果たしてまいりたいと考えています。
 さらに,安倍総理からは,特定秘密の保護に関する制度に関する事務についても担当するよう御指示を頂きましたので,この制度の適切な運用にも万全を期してまいりたいと考えています。
ヘイトスピーチに関する質疑について
【記者】
 いわゆるヘイトスピーチの問題をお伺いしたいのですけれども,議員立法などの動きもあるようですが,大臣として,これに対して法務省として対応するということはお考えではないでしょうか。
【大臣】
 特定の民族や国籍をお持ちの方々を排斥するような差別的言動はあってはならないと考えています。
 そこで,現行法を適切に適用して対処するとともに,地道な啓発活動にはなりますが,そういったものを通じて社会全体の人権意識を高めていくということが重要であると考えています。
【記者】
 何か新しい制度を作るとか,あるいは法律を作るとか,そういった方向はいかがでしょうか。
【大臣】
 それも,今までのいろいろな議論がありますし,議員立法という形で法案も出されていることは承知していますが,法的な規制については,正当な言論まで不当に萎縮させることにならないかなど,表現の自由との関係を慎重に検討する必要があると思っていますので,総合的に検討してまいりたいと思います。
法務大臣閣議後記者会見の概要
平成27年10月30日(金)
ヘイトスピーチに関する質疑について
【記者】
 政府は,今年度中にヘイトスピーチの実態調査を行う考えを出していますけれども,進捗具合ですとか,取りまとめや結果公表の時期のめどがあれば教えてください。
【大臣】
 本年7月2日に公明党のヘイトスピーチ問題対策プロジェクトチームから要望を頂いたことを受け,これまで,法務省において,今後実施するべき調査について検討を進めてきました。
 まず,今年度中に実施する調査としては,法務省では,ヘイトスピーチに焦点を当て,その客観的現象面に関する調査を開始したところであり,さらに,ヘイトスピーチによる個人や地域への主観的影響等についても調査を進めていく予定です。
 客観的現象面の調査について,具体的に申し上げますと,ヘイトスピーチが行われているとの指摘があるデモ等の発生状況や,これらのデモ等における具体的な発言内容に関する調査,さらに地方公共団体がこれまでに実施した外国人住民を対象とした意識調査の結果の精査・分析や,複数の地方公共団体に対する聴取等の調査,こういった点について調査を開始しています。
 これらの調査によって入手した情報については,今後設ける様々な分野の専門家で構成される会議体に提供し,その内容について分析・評価を行っていただくことを考えています。
 ヘイトスピーチによる主観的影響等の調査については,具体的には,ヘイトスピーチの対象とされた方々や,その他の関係者から聞き取り調査を行う予定です。
 なお,聞き取り調査の具体的手法等については,社会調査の専門家等から意見を聴取しながら早急に検討を進めているところです。
 また,来年度には,外国人をめぐる人権問題全般について,在留外国人を対象とした調査を行う予定であり,その具体的な内容・方法については,専門家で構成される会議体において今後検討していただくことを考えています。
【記者】
 今年度の調査に関する結果の取りまとめや公表などの時期的な見通しはいかがでしょうか。
【大臣】
 今年度実施する調査の結果については,今年度末には公表する予定です。

|

« | トップページ | ダブル選の帰趨は「大阪自民+共産・民主・公明=オール大阪」の連携に »

つれずれ」カテゴリの記事