« 与党から「推進法」についての意見がペーパーで 8/25 | トップページ | ヘイトスピーチ「認定」センシティブ、抑止策の実効性…課題山積 »

細野氏「稲田氏はヘイトスピーチ容認」

細野氏「稲田氏はヘイトスピーチ容認」 根拠示さず稲田氏「大変心外」と猛反発
http://www.sankei.com/politics/news/150825/plt1508250026-n1.html
 民主党の細野豪志政調会長は25日の記者会見で、同党などが参院に提出したヘイトスピーチ規制法案(人種差別撤廃施策推進法案)に関し、自民党の稲田朋美政調会長が「ヘイトスピーチを認めていくと取られかねないようなコメント」を出したとして、「非常に理解に苦しむ」と批判した。稲田氏の具体的な発言は紹介しなかった。
 これに対し、稲田氏は同日、記者団に「大変心外だ。何をとらえてそう言っているのか説明すべきだ」と反論した。
 稲田氏は20日の記者会見で「ヘイトスピーチは悪だ」と強調。25日も「ヘイトスピーチを認めることはあり得ない」と述べた。同時に、新法による規制については「表現の自由などへの影響も慎重に見極めて検討すべきだ」と語った。
 自民、公明、民主、維新の4党は25日、法案の修正に関する協議を行ったが、平行線に終わった。

有田芳生 ‏@aritayoshifu
細野氏「稲田氏はヘイトスピーチ容認」 根拠示さず稲田氏「大変心外」と猛反発 - 産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/150825/plt1508250026-n1.html … @Sankei_newsさんから 
誤報です。法案の修正についての協議など行っていません。
4党は法案の扱いについて真摯に議論を続けています。

有田芳生 ‏@aritayoshifu 8時間8時間前
明日26日朝11時から「人種差別撤廃施策推進法」についての「4党協議」を行います。4回目。会期末までに成案をえることが目的で、ヘイトスピーチに反対であることは各党とも認識は一致しています。
中沢けい ‏@kei_nakazawa 25日
早い時期から中国との関係を重視した池田大作氏。韓国にも支部がある創価学会。民主党よりも先んじて人種差別撤廃基本法のような理念法を出してもよさそうな公明党が、なぜ「ヘイトスピーチ」に限定した修正案を出そうとするのかまったく理解できない。いったいなぜなんだ。

|

« 与党から「推進法」についての意見がペーパーで 8/25 | トップページ | ヘイトスピーチ「認定」センシティブ、抑止策の実効性…課題山積 »

つれずれ」カテゴリの記事