« 嫌韓デモで抗議者に暴行、容疑の主催者逮捕 | トップページ | 仁比聡平参院議員が5月21日の参院法務委員会で、ヘイトスピーチと在日­朝鮮人の法的地位について質問   ヘイトスピーチ対策の法案を民主党、社民党、無所属で参議院に提出  »

橋下劇場、最後に誤算 頼みの「民意」背を向けた

橋下劇場、最後に誤算 頼みの「民意」背を向けた
http://digital.asahi.com/articles/ASH5K04V8H5JPTIL024.html?_requesturl=articles%2FASH5K04V8H5JPTIL024.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH5K04V8H5JPTIL024
2015年5月18日04時02分
 
 
 
 大阪維新の会の橋下徹代表(45)が政治生命をかけた大阪都構想が、大阪市民による住民投票で否定された。タレント弁護士から政界に転じて7年余。自治体のトップとして国政政党まで立ち上げた風雲児に対し、「民意」は小差ながら「NO」を選んだ。憲法改正など国政の動きも連動しそうだ。
大阪都構想の住民投票、1万741票差で反対多数
 接戦にはなったが、最後は約1万票差で敗れた。
 「政治ですから。負けは負けです。たたきつぶすといくさを仕掛けて、こちらがたたきつぶされた」
 17日夜の記者会見。接戦に持ち込んだことで「引退」の撤回はないのか問われた橋下氏は、完全に否定した。大阪維新の会内部には楽観ムードもあったが、橋下氏は一貫して厳しい見方をしていた。
 「人間は不安が残っている限りは、最後は現状維持を望む。もっと厳しいと思いますよ。現実は」
 ほぼ1カ月前、記者団に漏らした予感は的中した。
 17日の街頭演説場所に選んだのは政治家としてスタートを切った大阪・難波だった。「今日ですべてが決まるという日になった。大阪府知事、大阪市長とやって、一人の人間としてできることをやってきた」
 タレント弁護士だった2008年1月、大阪府知事選に立候補した際、この難波で第一声を上げた。
 「38歳。右も左も政治や行政も分からなかった」
 府知事になると、自らの給料や退職金に加え、職員給料もカット。「改革者」のイメージを印象づけた。改革の行き着いた先が、府と大阪市の二重行政による無駄だった。大阪市を解体して府と特別区に仕事を分ける――。10年に「大阪都構想」を掲げたのも、そうした経験からだった。
 地域政党を立ち上げ、翌11年4月の統一地方選、11月の知事と大阪市長のダブル選も圧勝した。
 高い支持率を背景に「国政に足をかける」と揺さぶり、都構想の手続きを定める法律も成立させた。国政政党のトップにもなった。ただ、「山あり、谷あり、地獄あり。何遍も大きな壁にぶつかった」と語ったように、上昇局面ばかりは続かなかった。
 橋下氏の手法は「ふわっとした民意」をつかむ一方、反発も招いた。都構想案は昨年10月に大阪府・市両議会で否決されて行き詰まったが、公明党の協力で息を吹き返した。
 住民投票へ向けては、強い危機感から自らが前面に立った。
 告示前日まで連続13日間で計39回開かれた都構想の住民説明会に自ら出席。質疑も含め、1時間を超える説明を続けたが、橋下氏の政治姿勢を疑問視する意見が噴き出し、「独演会」との批判も浴びた。最終盤には「僕のことはキライでもいい。でも、大阪がひとつになるラストチャンス」と訴えるチラシを投入したほどだった。
 投票日の17日は賛成が追い上げているとの情報を得て、投票終了前に予定していた維新の党の江田憲司代表らとの夕食の予定を変更し、街頭を回った。だが、最後は頼りにしてきた「民意」から背を向けられた。(野上英文)
■「改憲へ協力」安倍政権に誤算
 「また戦略を立て直さなければいけない」。安倍晋三首相の側近の一人は、住民投票が否決されたことに落胆の色を隠せなかった。首相が悲願とする憲法改正に前向きな橋下氏が政界引退を表明したことで、政権が来夏の参院選以降に狙う改憲戦略の再考を余儀なくされるからだ。
 今回の住民投票では、自民党大阪府連を中心に党内から都構想反対の声が上がる中、首相官邸は「大阪は二重行政(の解消)、効率化を進めるために大改革を進める必要がある。改革に向けて大なたを振るう必要がある」(菅義偉官房長官)などとあえて橋下氏へのエールを送ってきた。今後の政権運営で維新の協力を得たいとの考えからだ。
 通常国会後半には、今国会の最重要法案である安全保障関連法案の審議が控える。維新の協力が得られれば野党共闘を分断でき、有利に審議を進めることも可能だ。また、来夏の参院選後に議論の本格化が見込まれる憲法改正についても、維新の協力は欠かせない。
 しかし、今回の住民投票の反対多数で、戦略に狂いが生じることは避けられない。首相や菅氏に近い橋下氏の影響力は低下し、安倍政権に批判的なグループの発言力が強まれば、維新は国会で野党色を強める可能性が高い。同党の衆院議員は「民主党と協力していくしかない」。政府高官は「政権に批判的なグループの党内基盤が強くなると、維新は本当の野党になってしまう」と嘆く。
 首相が目指す憲法改正の発議には衆参で3分の2以上の賛成が必要だ。ただ、参院の自民党は現在114議席にとどまり、公明党の20議席を加えても3分の2の162議席にはほど遠い。橋下氏の失速で、「橋下維新と共闘して改憲勢力を増やす」(首相周辺)との計算は再検討を迫られることになる。
 もともと首相と菅氏、橋下氏と松井一郎大阪府知事(大阪維新の会幹事長)との蜜月関係は野党時代から続き、両者は「盟友」ともいえる間柄だ。第1次政権の挫折で政界での発言力を失った安倍氏は、橋下氏との連携をアピールすることで存在感を取り戻していった。首相に返り咲いた後は与野党の立場を超え、水面下で橋下氏側が安倍政権を応援。その一方で、安倍氏側は都構想を後押しするという「互助関係」があった。
 今回の大阪都構想の挫折は、国政の力学にも影響を与えそうだ。公明党幹部の一人は「官邸の補完勢力がなくなる」と指摘。自民党ベテラン議員も「安倍官邸の1強体制にも何らかの影響が出るかも知れない」と漏らしている。(星野典久)
■野党再編の可能性も
 橋下氏が「政界引退」を表明したのを受け、維新の党では「自民党に対抗する勢力の結集」を持論とするグループが主導権を握り、民主党などとの再編をにらんだ連携を加速させる可能性がある。
 報道機関の世論調査で、都構想への反対多数の情勢が伝えられていた12日、江田憲司代表は民主の前原誠司元代表や松本剛明元外相と東京都内で会談した。今後の両党の関係について意見交換したとみられる。
 維新内には分裂の火だねもくすぶる。橋下氏に近い大阪選出国会議員の一人は「橋下人気で持ってきた党なんやから、橋下さんがいなくなればバラバラ。民主党に出て行く人間もおる」。こうした動きも見越し、玄葉光一郎選挙対策委員長ら民主党幹部ら約10人は13日、都内で情勢を分析。「維新は流動化するのではないか」との見方も出た。「維新の一部は民主支持の労働組合の組織力に期待して合流してくる」(党幹部)との期待もある。
 安倍政権の「1強体制」のもと、民主には維新との連携への期待が強い。岡田克也代表は15日の記者会見で「我々に次ぐ野党は維新だ。維新とは歩調が合うようにしたい」と秋波を送った。安全保障関連法案の審議で野党共闘を築いて政権に対峙(たいじ)する一方、来夏の参院選に向けて、候補者の調整を進めたい考えだ。
 だが、橋下氏が労組を厳しく批判してきただけに、維新の中には自治労や日教組といった公務員労組に距離を置く議員も多く、民主の思惑通りに進むとは限らない。また、仮に維新の一部が民主と合流する場合でも、存在感が低下しかねない吸収合併でなく、対等合併による「新党」を求めるとみられる。民主内には「民主」の看板にこだわるべきだとの声もあり、野党再編の壁になる可能性もある。(藤原慎一)

|

« 嫌韓デモで抗議者に暴行、容疑の主催者逮捕 | トップページ | 仁比聡平参院議員が5月21日の参院法務委員会で、ヘイトスピーチと在日­朝鮮人の法的地位について質問   ヘイトスピーチ対策の法案を民主党、社民党、無所属で参議院に提出  »

つれずれ」カテゴリの記事