« あなたの発言が法律で禁止されるかも?ヘイトスピーチについて 山田太郎参・みんな | トップページ | 法務省人権擁護局 11/11 啓発・ヘイトスピーチ »

柳川市が市教委課長処分 自衛権行使反対署名取りまとめを依頼

柳川市が市教委課長処分 自衛権行使反対署名取りまとめを依頼 [福岡県]
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/117674
2014年10月01日(最終更新 2014年10月01日 00時06分)

 柳川市は30日、市内の小中学校の校長に対し、集団的自衛権の行使容認に反対する署名の取りまとめを依頼したことは地方公務員法に抵触するとして、市教育委員会教育部の男性課長(56)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 市教委によると課長は、民間団体が安倍晋三首相に宛てて実施していた行使容認反対の署名運動に賛同。今年7月2、3日に休暇を取って小中学校24校を訪れ、各校長に署名の取りまとめを依頼した。

 市は特定の内閣に反対する目的で積極的に署名活動に関わったとみて、地方公務員法が定める政治的行為の制限に違反すると判断した。また、教育長と教育部長には監督責任があり、署名協力に応じた校長24人は中立性が求められる教育現場の公務員として軽率な行為だったとして、それぞれ文書訓告処分とした。

=2014/10/01付 西日本新聞朝刊=

10428612_500780493391998_1205325360




なめ猫♪(近藤将勝)
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-2221.html

この間に柳川市の問題が動きました。集団的自衛権の反対署名活動を教唆した柳川市教育委員会の人権・同和教育室長が減給1ヶ月で処分され、教育長や教育部長も文書訓告処分となりました。

身内に甘い体質の教育委員会は、当初は口頭注意をしたと言い逃れをしていました。教育の中立性に反する行動をしながら、処罰もないのでは示しがつきません。文部科学省が是正に乗りだし、福岡県教育委員会を通じて指導をしていました。

具体的には文部科学省の初等中等教育局企画課が、福岡県教育委員会教職員課の人事管理主事と柳川市教育長に出頭を命じ、県教委が出先の南筑後教育事務所と連携しながら、柳川市を指導したということです。

平成26年9月11日(木)に教育正常化推進ネットワークでは、私や東京から駆けつけた業務統括部長など執行部で柳川市役所を訪問。ある特定の問題に­ついて市教委幹部が柳川市内の小中学校の校長らに署名活動を行わせた問題について申し­入れしました。この動画音声はやり取りの一部始終です。後半の動画は柳川市教委がある三橋庁舎前での街頭活動の様子です。


9月11日の我々の申し入れにはまともな回答を行わず、不誠実な姿勢でしたが、一定の是正が図られたことにはなります。ただし、部落解放同盟の圧力の介在など問題の根深さの追及は不徹底のままで幕引きが図られました。

それについては、山口県に本部を置く日本時事評論が大きく新聞で取り上げています。

10428612_500780493391998_1205325360846517031_n.jpg

また、処分については地元紙西日本新聞はじめ産経・読売・朝日も含め各紙が報じています。まだまだ福岡県は教育の偏向など問題が多いです。近日から、県立高校の偏向人権教育をシリーズで紹介していきます。しっかり是正していくまで尽力してまいります。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/117674

 柳川市は30日、市内の小中学校の校長に対し、集団的自衛権の行使容認に反対する署名の取りまとめを依頼したことは地方公務員法に抵触するとして、市教育委員会教育部の男性課長(56)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 市教委によると課長は、民間団体が安倍晋三首相に宛てて実施していた行使容認反対の署名運動に賛同。今年7月2、3日に休暇を取って小中学校24校を訪れ、各校長に署名の取りまとめを依頼した。

 市は特定の内閣に反対する目的で積極的に署名活動に関わったとみて、地方公務員法が定める政治的行為の制限に違反すると判断した。また、教育長と教育部長には監督責任があり、署名協力に応じた校長24人は中立性が求められる教育現場の公務員として軽率な行為だったとして、それぞれ文書訓告処分とした。



http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-2227.html
宝島が報じた部落解放同盟のメンバーが暴力団幹部という事実
2014年10月30日 (木)
ブログの読者から、発売中の宝島12月号で、近藤さんの地元の解放同盟の話が出てるよという情報があり、さっそく見てみました。

なんと部落解放同盟筑後地区協議会のメンバーが、指定暴力団道仁会の幹部だったという記事が出ています。

|

« あなたの発言が法律で禁止されるかも?ヘイトスピーチについて 山田太郎参・みんな | トップページ | 法務省人権擁護局 11/11 啓発・ヘイトスピーチ »

つれずれ」カテゴリの記事