« 差別なき社会目指す契機に  2月16日 読売新聞 | トップページ | J1浦和に初の無観客試合の処分 »

日本のヘイトスピーチに懸念…米「人権報告書」

日本のヘイトスピーチに懸念…米「人権報告書」

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140228-OYT1T00950.htm

 【ワシントン=白川義和】米国務省は2月27日、世界各国・地域の2013年の人権状況を分析した「人権報告書」を発表した。

 日本については民族差別の項目で、在日韓国・朝鮮人を侮蔑するヘイトスピーチ(憎悪表現)のデモに対する懸念を示した。「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のデモ参加者が、抗議する団体との小競り合いで逮捕された事件を挙げる一方、「(日本)政府高官は、在日外国人への嫌がらせを拒絶する立場を公に示した」と指摘した。

 中国については、当局がインターネットの規制や検閲を強め、人気ブロガーのブログを閉鎖させるなどの措置をとっていると指摘した。北朝鮮から中国に脱出した住民が難民として認められず、人身売買などの人権侵害を受けていることへの懸念も示した。

(2014年2月28日20時48分  読売新聞)

|

« 差別なき社会目指す契機に  2月16日 読売新聞 | トップページ | J1浦和に初の無観客試合の処分 »

つれずれ」カテゴリの記事