« 婚外子差別:撤廃法案、閣議決定 民法改正、今国会成立へ | トップページ | いじめ 問われる学校の力 »

家賃248万円滞納、奈良市職員を強制立ち退き

家賃248万円滞納、奈良市職員を強制立ち退き

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20131112-00856/1.htm

2013年11月12日(火)18時49分配信 読売新聞


 奈良地裁は12日、奈良市営住宅の家賃を長期滞納し、住宅の明け渡しを命じた判決が確定した後も入居を続けていた同市職員(55)に対し、立ち退きの強制執行に踏み切った。

 市によると、職員は滞納整理課の係長などをしていた2006年9月~11年12月に家賃計約248万円を滞納、督促にも応じなかったため、市は賃貸契約を解除し、12年2月に地裁に明け渡しなどを求めて提訴した。職員は同年4月に全額を支払い、「契約解除は無効」と主張したが、今年6月、最高裁で住宅明け渡しなどを命じる判決が確定。その後も入居を続けたため、市は9月、地裁に強制執行を申し立てていた。

 仲川元庸市長は「反社会的で市の信頼を失墜させる行為。懲戒処分を含めて検討したい」と述べた。

|

« 婚外子差別:撤廃法案、閣議決定 民法改正、今国会成立へ | トップページ | いじめ 問われる学校の力 »

つれずれ」カテゴリの記事