« 逗子ストーカーは市役所から? 個人情報はこうしてダダ漏れになる | トップページ | 秘密保護法案、衆院委で可決 »

「情報隠し」反対1万人=秘密保護法案「希代の悪法」―撤回求め集会・東京

「情報隠し」反対1万人=秘密保護法案「希代の悪法」―撤回求め集会・東京

時事通信 11月21日(木)21時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000179-jij-soci

 政府・与党が臨時国会で成立を目指す特定秘密保護法案に反対する大規模な集会が21日、東京都内で開かれた。主催者発表で1万人が参加。会場に入り切れない人たちが周辺にあふれ、終了後に合流して、法案撤回を求めるデモ行進を行った。
 東京都千代田区の日比谷公園野外音楽堂で開かれた集会では、主催者の一人の海渡雄一弁護士が「今国会中の成立を絶対阻止し、廃案に追い込んでいこうではありませんか」と呼び掛けた。
 登壇した作家の落合恵子さんは「どこまで民主主義をばかにする政権か。権力はいつだって情報を隠そうとしてきた」と批判。上智大の田島泰彦教授は「(戦前の)治安維持法に勝るとも劣らない希代の悪法。公務員も萎縮し、情報が出にくくなる」と訴えた。民主党や共産党、社民党などの国会議員も参加した。
 集会後、参加者らは国会議事堂などに向かって行進。「何でもかんでも秘密にするな」「自由のない国、絶対反対」などと声を合わせた。 





<秘密保護法案>反対集会に1万人 日比谷野音、入りきれず

毎日新聞 11月21日(木)21時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000111-mai-soci

 国家機密を漏らした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法案に反対する集会が21日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた。

 市民団体や労組による実行委員会が主催し、日本弁護士連合会が後援。約1万人(主催者発表)が参加し、会場に入りきれない人もいた。研究者や弁護士も発言し、青井未帆・学習院大法科大学院教授は「恣意(しい)的な秘密指定を抑える仕組みがない。審議も性急すぎる」と批判した。民主、共産、社民、無所属の国会議員約30人も参加した。

 参加者はその後、国会などに向けて二手に分かれてデモ行進をした。






|

« 逗子ストーカーは市役所から? 個人情報はこうしてダダ漏れになる | トップページ | 秘密保護法案、衆院委で可決 »

つれずれ」カテゴリの記事