« 「佐野眞一氏が自著盗用」宗教政治学者が提訴 | トップページ | 麻生副総理「ナチス憲法発言」 »

麻生氏「改憲はナチスに学べ」発言、韓国政府が反発=中国報道
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0731&f=national_0731_016.shtml

2013/07/31(水) 10:34

  中国メディア・中国網は30日、日本の麻生太郎副首相が29日に憲法改定について「ナチスの手法に学ぶべき」と発言したことに対して韓国政府が反発したと報じた。

  記事は、麻生副首相が29日に「改憲では日本はナチスドイツの手法を学んだらよい」と語ったと伝えたうえで、韓国外務省のチョ・テヨン報道官が30日の記者会見で「改憲問題はさておき、ナチス政権が日本帝国主義の侵略を受けた周辺国や国民にとってどんな意味を持つかは明らかだ。日本の政治家は言動を慎まなければならない」と発言したと紹介した。

  また、麻生副首相が靖国神社参拝について「国に身をささげた人に敬意と感謝を示さないのはおかしい」、「静かにお参りすればいい」と語ったことについて「靖国参拝はあるべきでない行為で、韓国政府としての立場は明確だ」と強調したうえで、謙虚な態度を持つよう要求したと伝えた。

|

« 「佐野眞一氏が自著盗用」宗教政治学者が提訴 | トップページ | 麻生副総理「ナチス憲法発言」 »