« 差別発言デモへの規制考えるシンポ | トップページ | »

「佐野眞一氏が自著盗用」宗教政治学者が提訴

「佐野眞一氏が自著盗用」宗教政治学者が提訴

よみうりしんぶん
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20130731-01039/1.htm

2013年8月1日(木)

 「週刊ポスト」に掲載されたノンフィクション作家・佐野眞一氏(66)の連載小説「化城けじょうの人」で自著を盗用されたとして、宗教政治学者の日隈威徳たけのり氏(77)が7月31日、佐野氏に連載の書籍化の差し止めと780万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 佐野氏は同誌の昨年1月1、6日合併号から21回にわたり、創価学会に関する連載小説を執筆した。訴状で、日隈氏は1971年に学会の第2代会長の評伝を出版しており、「登場人物の描写や具体的なエピソードなど、40か所以上で連載への違法な引用や盗用があった」と主張している。

 佐野氏は同誌の今年1月1、11日合併号で「(日隈氏の著書を)参考文献としたことを明示しなかったのは配慮が足りなかった」と説明。提訴について、「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

|

« 差別発言デモへの規制考えるシンポ | トップページ | »

つれずれ」カテゴリの記事