« 入店拒否騒動の乙武洋匡 | トップページ | 生活保護改定 人権侵害の恐れがある »

ツアー表彰式でウッズに差別発言

ツアー表彰式でウッズに差別発言 ガルシア、直後に謝罪

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305220402.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201305220402

 【畑中謙一郎】男子ゴルフの世界ランキング1位、タイガー・ウッズ(米)に対して差別的な発言をしたとして、同14位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)が21日、「不快な思いをさせて申し訳ない」と謝罪の声明を発表した。

 問題の発言は、同日にロンドンで行われた欧州ツアーの表彰式のパーティーの席上であった。6月の全米オープンで、犬猿の仲で知られるウッズにどう接するかと話題を振られると、ガルシアは「毎晩、彼を食事に誘って、フライドチキンを出すよ」と発言。かつては黒人の貧困層を象徴していた食べ物の名をあえて口にしたため、英米のメディアが一斉に報じた。

 ガルシアはすぐに声明を出し、「愚かなジョークを言わせるような質問に乗ってしまった。決して、人種差別的な意図があったわけではない」と釈明した。

 ウッズに対する差別的な発言では、1997年にマスターズでウッズが初優勝した際、重鎮のファジー・ゼラー(米)が「来年のチャンピオンズディナーでフライドチキンを出すのはやめるよう彼に伝えてくれ」と口にし、ゼラーはすべてのスポンサーを失った。

 さらに、2年前にはウッズの元専属キャディーのスティーブ・ウィリアムス氏が「あの黒いやつをギャフンと言わせたい」などと発言し、謝罪に追い込まれている。

|

« 入店拒否騒動の乙武洋匡 | トップページ | 生活保護改定 人権侵害の恐れがある »

つれずれ」カテゴリの記事