« 人権救済法案審議入りを断念 政府・民主党 | トップページ | 定数削減実現に道筋なら16日解散…野田首相 »

法務委員会と人権委員会設置法案 by 城内 実

法務委員会と人権委員会設置法案

2012年11月13日 20:09 by 城内 実

http://www.m-kiuchi.com/2012/11/13/houmuiinnkaigakaikai/

 本日、今国会初の法務委員会が開催された。
 委員会に先立つ理事会の場で、私は人権委員会設置法案および人権擁護委員法の一部を改正する法律案について、国民の理解が十分に得られていないなかでは、きわめて慎重な扱いが必要である。これからも時間をかけて議論することが必要であり、今国会で性急に審議、採決をするようなことがあってはならな旨、しっかりと申し上げた。
 平岡秀夫法務委員長はじめ、辻恵理事はじめ与党は聞きおくという対応だった。
 なお、そのあとの所信聴取において滝実大臣より以下のような言及があった。

「七 人権救済のための体制整備等」というくだりで、大臣は、「今国会においては、人権委員会を設置すること等により、人権の擁護に関する施策を総合的に推進する『人権委員会設置法案』及び『人権擁護委員法の一部を改正する法律案』を提出しております。十分に御審議の上、速やかに成立させていただきますようお願いいたします」、と述べた。

 審議するかしないかを決めるのは、国会、さらに直接的にいえば、委員会の理事会の場である。今般の政情にかんがみて、よもや与党民主党が強引に審議入りし、強行採決などということはないと信じたいが、そういったことがないよう、私は野党自民党理事として、引き続き重大な関心をもって最優先で取り組んでまいりたい。

|

« 人権救済法案審議入りを断念 政府・民主党 | トップページ | 定数削減実現に道筋なら16日解散…野田首相 »

つれずれ」カテゴリの記事