« 5月24日自民党法務部会と人権救済法案 | トップページ | 自民部会、人権委設置法案反対で決議 »

法務省はふざけている えとう せいいち

えとう せいいち
5/24
http://www.facebook.com/people/%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%A1-%E3%81%88%E3%81%A8%E3%81%86/100003422067414

 自民党法務部会が本日朝の8時より党本部で行われました。議題は「人権救済に関する最近の政府・与党の動向について」。部会ではいわゆる人権救済法案の骨子が提示されました。反対意見多数によりこれと同じ内容のものが法案として出されたら反対することが部会で了承されました。
 全くもって法務省はふざけている。法務省は(人権救済法案に賛成する団体等からの文書をもらっているかどうかについて)「承知してない」と言った後に「記憶がない」と訂正し、それを更に追及したところ「陳情書はもらっている」と答えました。私は「陳情があるじゃないか!具体的に応えるように言ったら何もない、文書もないって言っていたのにそんなことないだろ。政務三役だってある程度は把握しているだろうし、事務方だって知っているはず。秘書官もついていて全部報告するようになっているはずだろ。基本的なことが欠けている。ふざけてる!」と憤りました。ほんとに人を馬鹿にしているとしか言いようがありません。

|

« 5月24日自民党法務部会と人権救済法案 | トップページ | 自民部会、人権委設置法案反対で決議 »

つれずれ」カテゴリの記事