« 人権委員会設置法案の提出見送り報道 | トップページ | 大阪人権博物館、市の補助金も今年度限り »

雇用破壊と貧困の拡大に歯止めを。生活保護制度の改悪に反対する。

雇用破壊と貧困の拡大に歯止めを。生活保護制度の改悪に反対する
                  全国人権連
                  2012年5月29日
小宮山洋子厚生労働大臣 殿

  タレントの親族が不正に生活保護を受給しているといわんばかりの報道を機に生活保護制度に対する異常な手厳しい批判が続いている。
日本はいま病気や失業すれば誰もが一気に無収入になりかねない「滑り台」社会であり、生活保護受給者が209万人へ増加したのは雇用破壊と貧困の拡大による。政府・民主党は憲法25条で保障された生存権を破壊する改悪策動を中止し、生活を保障する機能を強めることが急務である。


「2012529.pdf」をダウンロード


|

« 人権委員会設置法案の提出見送り報道 | トップページ | 大阪人権博物館、市の補助金も今年度限り »

つれずれ」カテゴリの記事