« 解同高知市協90人「学習」 高知市副市長謝罪 | トップページ | 危ない「人権侵害救済法案」衛藤晟一議員 »

大阪市長、近現代史博物館を新設へ

大阪市長、近現代史博物館を新設へ
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120512-OYO1T00299.htm?from=main4

 大阪市の橋下徹市長は11日、府市が運営補助金を支出する「大阪人権博物館(リバティおおさか)」(大阪市浪速区)と、府市が出資する「大阪国際平和センター(ピースおおさか)」(同市中央区)を統合させ、子どもが近現代史を学べる博物館として新設する考えを明らかにした。展示内容は、「新しい歴史教科書をつくる会」や、同会の元会員などに助言を仰ぐという。市役所で報道陣に語った。

 橋下市長は「なぜ中国から歴史認識を厳しく批判されるのか。国際情勢を正しく認識するには、近現代史(の教育)が外せない」と述べ、国によって歴史観が異なる近現代史について、それぞれの考え方を学べる展示を行う考えを示した。実現時期については「(2015年までの)任期中にやりたい」と語った。

 大阪人権博物館については府市が運営補助金の打ち切りを決めている。

(2012年5月12日  読売新聞)

|

« 解同高知市協90人「学習」 高知市副市長謝罪 | トップページ | 危ない「人権侵害救済法案」衛藤晟一議員 »

つれずれ」カテゴリの記事