« 埼玉県深谷市同和行政終了 | トップページ | 歴代法相、哀れな末路 法軽視のツケなお »

拙速な人権救済機関設置法の制定に反対 徳島県議会

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/03/2012_133237894036.html

  徳島県議会2月定例会は21日午後、本会議を再開し、議員提案の委員会条例の一部改正案と意見書7件を可決した。また、申し合わせ任期(1年)満了に伴う正副議長選が行われ、議長に樫本孝氏(自民県民会議)、副議長に嘉見博之氏(明政会)を選び、閉会した。

 可決された意見書は▽ひとり親家庭に対する支援の拡充▽北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決▽地球温暖化対策税の地方への配分▽拙速な人権救済機関設置法の制定に反対▽農業者戸別所得補償制度等の農業政策の見直し▽年金制度抜本改革の全体像の早期公表▽北朝鮮の人工衛星打ち上げ阻止-を求めている。野田佳彦首相や衆参両院議長らに提出する。

|

« 埼玉県深谷市同和行政終了 | トップページ | 歴代法相、哀れな末路 法軽視のツケなお »

つれずれ」カテゴリの記事