« 子どもからSOS、2万通超…法務局に1年で | トップページ | 人権委員会関係法案の骨子案の説明 2月8日 »

法務大臣閣議後記者会見の概要 2月7日

法務大臣閣議後記者会見の概要

http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00257.html

平成24年2月7日(火)
 本日の閣議につきましては法務省の案件はございません。
 一つ報告があります。2月12日に全国の法務局で一斉の休日相談所を開設します。私は東京法務局の方で相談所の状況を見てこようかと思っております。

新たな人権救済機関の設置に関する法案に関する質疑について

【記者】
 新たな人権救済機関の設置に関して,当初から法務省は国民に理解を得るために様々な取組をされていますが,一方で慎重論や反対論が党内外に根強くあろうかと思います。この法案の提出に向けた検討状況,特に党側との調整状況をお聞かせいただければと思います。

【大臣】
 何年か前に当時の政府の方から人権擁護法案が出て,いろいろな点からの批判的な見解がありました。そこで,今回は批判的な意見も考慮しまして,新たな人権救済機関の設置の法案の骨子をほぼまとめました。この国会はなかなか忙しいので,成立までは今約束できるものではありませんけれども,法案を提出できるまでの状況にするということで,その作業に取り掛かりました。具体的には,まず党内の取りまとめの手続を進めるということで,次に開かれる民主党の法務部門会議でそれを議論する予定になっております。

|

« 子どもからSOS、2万通超…法務局に1年で | トップページ | 人権委員会関係法案の骨子案の説明 2月8日 »

つれずれ」カテゴリの記事