« 人権救済機関/独立性が高まるか疑問だ | トップページ | 「島根県人権施策推進基本方針(第一次改定)」[小学生版] 憲法が無く単純化は理解困難。 »

部落解放蛇草地区消費生活協同組合(コープながせ)に施設を貸すなど優遇

「市は生協に賃料請求を」東大阪の住民5人が提訴
2011.9.16 23:31

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110916/trl11091623320018-n1.htm

 大阪府東大阪市が賃料を徴収しないまま部落解放蛇草地区消費生活協同組合(コープながせ)に施設を貸すなど優遇しているとして、20代の住民5人が16日、市が賃料分など約1800万円をコープながせに請求するよう求めた住民訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によると、同生協が事業所として使用する市の施設の貸料計約835万円(平成9年7月分~23年7月分)が未納なのに、市は請求せず、使用許可も取り消していないとしている。また、設備費用として貸し付けた計2千万円のうち、8月末現在約980万円が未返済という。

 訴えでは、市は保育所と老人ホームの給食用の食材をコープながせから購入しており、組合員以外の利用を原則禁止した消費生活協同組合法(生協法)に違反するとして契約解除も求めた。

|

« 人権救済機関/独立性が高まるか疑問だ | トップページ | 「島根県人権施策推進基本方針(第一次改定)」[小学生版] 憲法が無く単純化は理解困難。 »

つれずれ」カテゴリの記事