« 「島根県人権施策推進基本方針(第一次改定)」[小学生版] 憲法が無く単純化は理解困難。 | トップページ | 松本龍前復興相 スッパリ引退が本人のため »

稲田朋美代議士と連携して人権侵害「糾弾」法案の阻止に

城内みのる

http://www.m-kiuchi.com/2011/09/02/nodaadministratio/

◎ 政 治 ◎ 野田新内閣の顔ぶれ
2011年9月2日 22:37 

 野田新内閣の顔ぶれを見て思わず「なかなかやるなぁ」とつぶやいてしまった。
 党内融和第一で小沢グループからも閣僚を起用し、ベテランと若手のバランスも良く、民間大臣はいないが、女性閣僚も二名いる。
 しかし、私が所属する法務委員会の法務大臣に平岡秀夫氏が就任とは。千葉景子(左派弁護士)、柳田稔(中道?)、江田五月(左派弁護士)と続いてまたもや左派弁護士(大蔵官僚出身)。平岡法務大臣におかれては、 人権侵害救済機関に関する法案は慎重に対応していただきたいものだ。
 次期臨時国会においても稲田朋美代議士と連携して人権侵害「糾弾」法案の阻止に向けてがんばりたい。

|

« 「島根県人権施策推進基本方針(第一次改定)」[小学生版] 憲法が無く単純化は理解困難。 | トップページ | 松本龍前復興相 スッパリ引退が本人のため »

つれずれ」カテゴリの記事