« 平岡法務大臣 「リベラルの会」 | トップページ | 人権救済機関 2011年09月02日 宮崎日々新聞 »

平岡氏は早速、恣意的に表現の自由を侵す危険が指摘されている人権救済法案の推進に意欲を

野田「なんだかなあ」「どういうつもりだ」内閣に関する雑感

2011/09/03 10:01

国を憂い、われとわが身を甘やかすの記
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2428461/

 さて、いよいよ野田内閣が発足したわけですが、その布陣を見ると、正直なところ「なんだかなあ……」という思いを禁じえません。単に地味であるとか、実務的でサプライズがないというだけではなく、「おいおい、大丈夫か」「これ、本気なの?」と突っ込みたくなる陣容でした。

 民主党内でも「極左」と言われる平岡秀夫氏の法相といい、パチンコ業界と深いつながりを持つ中川正春氏の文科相といい、まるで冗談であるかのような印象です。

 平岡氏は早速、恣意的に表現の自由を侵す危険が指摘されている人権救済法案の推進に意欲を示しましたし、川端氏はこの法案を党側で進めたプロジェクトチームの座長でした。突っ込みどころがありすぎて、どこから追及していいか分からないぐらいです。


|

« 平岡法務大臣 「リベラルの会」 | トップページ | 人権救済機関 2011年09月02日 宮崎日々新聞 »

つれずれ」カテゴリの記事