« 8月9日(火曜日) 衆議院法務委員会 城内議員と江田大臣 | トップページ | 平岡氏は早速、恣意的に表現の自由を侵す危険が指摘されている人権救済法案の推進に意欲を »

平岡法務大臣 「リベラルの会」

平岡 秀夫(ひらおか ひでお、1954年1月14日 - )は、日本の政治家。民主党の衆議院議員(5期)。民主党左派の中堅・若手議員による政策グループリベラルの会の代表世話人を務め、民主党代表選挙でも影響力を発揮している[1][2]。(なお、自身は菅直人のグループにも所属しているため菅を支持している。)菅内閣で内閣府副大臣、国家戦略室長を務め、菅改造内閣で総務副大臣に就任した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B2%A1%E7%A7%80%E5%A4%AB



2008年07月16日

「リベラルの会」政策提言
http://ameblo.jp/hideoh29/entry-10117708724.html

(ウ) 人権問題への取り組み

i. 人権を中心に位置付けた社会の構築を目指し、差別禁止法の制定を目指すとともに、社会保障制度での総合的対応を図る。

ii. 人権侵害に係る調停・仲裁等を行う中央人権委員会および地方人権委員会を設置する。

iii. 人権の内国民と外国人(特に、永住の在留資格等を持ち日本に定着居住している外国人)との差別をなくす。

|

« 8月9日(火曜日) 衆議院法務委員会 城内議員と江田大臣 | トップページ | 平岡氏は早速、恣意的に表現の自由を侵す危険が指摘されている人権救済法案の推進に意欲を »

つれずれ」カテゴリの記事