« 月刊「同和と在日」2011年8月号 | トップページ | インターネット上の人権侵害への対応について 鳥取県 »

人権救済法案の基本方針発表へ

法務省、来週にも人権救済法案の基本方針発表へ 救済機関は3条委

2011.7.26 22:27

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110726/plc11072622290030-n1.htm

 法務省は26日、表現の自由の制限につながりかねないなど問題点が指摘されてきた人権救済法案の骨格をまとめ、法務省政務三役の「基本方針」として来週にも公表する方針を決めた。人権侵害の有無を調査する「人権救済機関」は法務省の外局と位置付けるなど、民主党のプロジェクトチーム(PT)が先月示した取りまとめに沿った内容。政府は基本方針を軸に法案作りを本格化させ、秋の臨時国会提出を目指す。

 基本方針によると、人権侵害をやめるよう勧告できる人権救済機関は、公正取引委員会などと同じく独立性が高く独自の規則制定権を持つ「三条委員会」として設置する。

 各都道府県に置く人権擁護委員は「地方参政権を有する者」から選出。将来的に永住外国人に地方参政権が付与された場合、外国人も就任可能となる。

 同法案をめぐっては人権侵害の定義があいまいなことや、人権救済機関に必要以上に強力な権限が付与されることへの反対意見が根強い。このため、基本方針は人権救済機関による調査に強制力は持たせず、調査を拒否した場合の罰則規定も設けないことにした。

 ただ、その一方で法施行後5年程度をめどに活動内容を見直す条項も含んでおり、政治情勢次第で内容が強化される可能性もある。

|

« 月刊「同和と在日」2011年8月号 | トップページ | インターネット上の人権侵害への対応について 鳥取県 »

つれずれ」カテゴリの記事