« 法務省外局で設置するしかないという意見がある | トップページ | 草津市同和対策施策見直し検討委員会答申(平成22年12月27日) »

解放同盟への移転補償「違法」=築上町長に900万円返還命令-福岡地裁

解放同盟への移転補償「違法」=築上町長に900万円返還命令-福岡地裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011041900626

 福岡県築上町にあった集会所の取り壊しをめぐり、入居していた部落解放同盟の地区協議会に町が約3200万円の移転補償費を支払ったのは違法として、新川久三町長に同額を返還させるよう、住民が町に求めた訴訟の判決が19日、福岡地裁であった。西井和徒裁判長は「国の同和対策事業は終了しており、補償の必要性はなかった」として違法性を認め、期限内に住民監査請求が行われた900万円について返還を求めるよう町に命じた。
 判決によると、集会所は1971年、国の同和対策事業の一環として町有地に建設され、地区協議会が事務所として無償で使用してきた。2009年1月、県道の拡幅工事のために取り壊されたが、町は県から支払われた補償費約5800万円から5回にわたり計約3200万円を同協議会に支払った。
 新川町長の話 判決文をまだ読んでいないので、現段階ではコメントできない。(2011/04/19-16:52)

|

« 法務省外局で設置するしかないという意見がある | トップページ | 草津市同和対策施策見直し検討委員会答申(平成22年12月27日) »

つれずれ」カテゴリの記事