« 短信・再び動き出した人権擁護法案について | トップページ | 行政機関による人権救済について慎重に行う必要性 »

民主党、人権救済機関検討チームが初会合 党内に異論も

民主党、人権救済機関検討チームが初会合 党内に異論も
2011.4.13 19:23
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110413/stt11041319250004-n1.htm

 民主党は13日、「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(PT)」(座長・川端達夫衆院議院運営委員長)の初会合を国会内で開き、内閣府の外局として人権侵害を調査・勧告権限を持った独立機関を設置する法案の今国会提出を目指し、協議を始めた。同党としては、5月上旬までに党内合意を図る方針だが、党内には慎重意見も根強い。

 川端座長は冒頭のあいさつで「一刻の猶予も許されない。政権交代をしたのだから、大きな一歩を踏み出したい」と述べた。

 人権侵害救済機関をめぐっては、民主党が平成21年の衆院選マニフェスト(政権公約)に創設を明記。今年3月には仙谷由人代表代行が部落解放同盟の全国大会で「民主党政権で成立させることが義務だ」と意欲を示した。ただ、党内の保守系議員を中心に「公権力の介入により、表現の自由が侵害される」などの反対論が根強い。

|

« 短信・再び動き出した人権擁護法案について | トップページ | 行政機関による人権救済について慎重に行う必要性 »

つれずれ」カテゴリの記事