« 行政機関による人権救済について慎重に行う必要性 | トップページ | 解放同盟への移転補償「違法」=築上町長に900万円返還命令-福岡地裁 »

法務省外局で設置するしかないという意見がある

CCHR 人権市民会議通信
第6号(2011年3月30日発行)
http://www.geocities.jp/mkaw8/hrcc/nl/006/index.html

◆目次◆

≪報告≫第4回国内人権機関に関するアジアNGOネットワーク地域コンサルテーション

2011年2月22日および23日、インドのゴア州にて、「国内人権機関に関するアジアNGOネットワーク(ANNI)」の地域コンサルテーションが行われた。

国内人権機関(NHRI)のない国(カンボジア、台湾、日本)

日本の現状としては、民主党政権発足当初の期待が大きすぎたこと、年度末や国会の状況などもあってこの課題については後退した印象があり、法務省外局で設置するしかないという意見があることなどを報告しておいた。


≪報告≫人種差別撤廃条約の勧告に関する政府交渉および人権保障制度の実現を求める要請書

|

« 行政機関による人権救済について慎重に行う必要性 | トップページ | 解放同盟への移転補償「違法」=築上町長に900万円返還命令-福岡地裁 »

つれずれ」カテゴリの記事