« 「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例の一部改正(案)【概要】」に対する府民意見等の募集について。不当に言論表現を規制する条例はそもそも廃止すべきもの。 | トップページ | 瞠目すべき『異形の日本人』の生き様 »

学力のすすめ:「読み書き計算が学力の基礎」 弁護士・宇都宮健児さん

学力のすすめ:「読み書き計算が学力の基礎」 弁護士・宇都宮健児さん
http://mainichi.jp/life/today/news/20110104mog00m100016000c.html

 「最低限の読み書き計算ができない子が増えているのではないか」。日本の子供たちに必要な「学力」とは何か。第4回は、多重債務者、子供の貧困問題などに取り組む弁護士の宇都宮健児さんに聞いた。

--社会に出るまでに、必要な「学力」とは何でしょうか。

 いろいろ考えたが、(答えるのは)なかなか難しいね。日本の社会で生きていくために、よく言われる「読み書き計算」は、最低限の基礎学力として必要じゃないか。戦後生まれの僕たちと比べて、特に算数ができないまま、社会に出ている人が増えているという印象があります。そのうえで、他人を思いやる想像力、他人の痛みが分かる力が、ほかの雑多な知識より重要だと思います。

--算数の力が落ちていますか?

 約30年、多重債務問題に取り組んできましたが、被害の大きな原因の一つは高金利です。借りたお金に対して何割の金利がついて、自分の収入から毎月いくらを返済にあてなければならないのか、基本的な計算ができない人が増えていると感じます。家計をきちんと管理するにも、そういった計算力がないとだめでしょう。闇金融が増えた時、10日で4割、5割の金利をとる業者がかなり横行しました。実は、取材に来たテレビ局のスタッフも、10日で4割が1年でどのくらいになるのか、スムーズに計算できなかった。

--学校で教わっても身についていないのでしょうか。

 学校では「無駄遣いをやめましょう」といった抽象的なことは教えますが、社会で必要なのは具体的な知識です。例えば、派遣労働のように非正規で働く人が安易にローンを利用して、多重債務者になってしまった時に相談する先や、解決法についてはほとんど教えられていない。教員自身が多重債務に陥って、どうすればいいか分からないケースも多いのです。

 また、憲法には、健康で文化的な最低限度の生活を認めた生存権の規定(25条)があり、これは学校で教えるし、入試にも出ます。でも、生活保護の具体的なことについては教えていない。厚生労働省によると、生活保護水準に満たない家庭で、生活保護を受給しているのは約3割です。あとの7割は権利を行使していない。労働基本権についても同じで、働いている人が自分の権利を行使できない場合、どのように苦情申し立てをすればよいのか教わっていない。基礎的な読み書き計算の力がないと、こういった情報にコンタクトすることも、なかなかできない。

--どうやって学べばよいでしょうか。

 学校によっては、子供たちが畑で野菜や米を作って販売し、費用を計算して、利益を分配するといった経験をさせています。また、生活保護家庭が多くて、生徒の多くがアルバイトをしている高校で、アルバイト先から労働契約書をもらってこさせて、労働基準法を教えている先生もいます。生徒自身が働いているから、体験と結びついて、いろいろ考える。分かりやすいのではないかと思います。

--若者にお薦めの本を紹介してください。

 推薦したいのは、僕が大学時代に読んで、弁護士になることを決断した本。「わたしゃそれでも生きてきた 部落からの告発」(東上高志編、部落問題研究所)と、「小さな胸は燃えている 産炭地児童の生活記録集」(芝竹夫編、文理書院)の2冊で、絶版になっているんだけど、古本で買えたら読んでみてほしい。

 「わたしゃ~」は部落で育った女性12人の手記です。この中に、52歳の女性がひらがなで書いた文章があります。この人は貧しくて学校に行けなかったんですね。字を知らなかった。載っているのは「あいうえお」を教わって最初に書いた文章です。当時の僕の両親と同じくらいの年齢で、両親も貧しかったけど、字は書けた。世の中に字が書けない人がいることを初めて知りました。

 もう1冊の「小さな~」は、炭鉱の子供の作文や詩をまとめた本です。エネルギー政策の転換で、炭鉱が縮小、閉山した時代、炭鉱労働者の子供たちの生活がすさんでくる。そんな生活で感じたことをありのままに書かせた。例えば、小学校5年生の「どろぼう」という詩では、学校の先生はどろぼうはいけないと教えているのに、自分の父親はどろぼうしてこいという。銅線を盗んでこいと。でも、やりたくないと訴えている。僕の家も、漁村で開拓農家で苦しかったので、将来は官僚になるか、大企業に入って、なんとか貧乏から脱出しようと思っていたんですが、自分以外にも苦しんでいる人がたくさんいる。自分だけが抜け出すのではなく、そういう人たちのためになる仕事がないかと思って、弁護士になった。そう決めたのはこの2冊を読んだからです。【聞き手・岡礼子】
 ◇略歴

 1946年愛媛県生まれ。68年、司法試験に合格し、東大法学部を中退。71年弁護士登録。2010年4月から日本弁護士連合会会長。全国ヤミ金融対策会議代表幹事、オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長、「反貧困ネットワーク」代表などを務め、長年、多重債務や暴力団対策問題などに取り組む。著書に「弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖」(岩波書店)、共著に「反貧困の学校--貧困をどう伝えるか、どう学ぶか」(明石書店)など。

|

« 「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例の一部改正(案)【概要】」に対する府民意見等の募集について。不当に言論表現を規制する条例はそもそも廃止すべきもの。 | トップページ | 瞠目すべき『異形の日本人』の生き様 »

つれずれ」カテゴリの記事