« 「差別罰する法律」? | トップページ | 日弁連:障害者や高齢者らの再犯問題でシンポ。心神喪失等として放置せずに適切な治療と被害者救済を合わせて論議をすべき。 »

三木市長「差別発言」

三木市長「差別発言」 百条委設置議案可決 兵庫
2010.12.23 03:17
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/hyogo/101223/hyg1012230317003-n1.htm

 三木市議会は22日の本会議で、薮本吉秀市長が市幹部との会話で差別的発言をしたとして職員が市に提出した上申書などの事実解明を進めるため、調査権を行使できる「百条委員会」を設置する議案を賛成多数で可決した。

 発言は、9日の本会議の一般質問で取り上げられたことで明らかになった。平成20年に市教委関係者が姫路港で起こしたプレジャーボート事故について、市幹部らで職員の処分を検討した際に、薮本市長が問題の発言をしたとされる。


三木市議会:市長の差別的発言で、百条委の設置を可決 /兵庫
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20101223ddlk28010347000c.html

 三木市議会は22日、薮本吉秀市長に差別的な発言があったとして職員が提出した上申書の内容を調べる百条委員会の設置を賛成多数で可決した。調査は総務文教常任委員会に委任した。上申書については、市の人権行政特別会議(井上茂利委員長ら9人)が「人権侵犯に当たらない」との結論を出している。

 百条委では、上申書の内容調査のほか、人権侵犯に該当しないと裁定した特別会議の審議経過、市職員だけで構成する特別会議の正当性を調査項目に挙げている。〔神戸版〕

|

« 「差別罰する法律」? | トップページ | 日弁連:障害者や高齢者らの再犯問題でシンポ。心神喪失等として放置せずに適切な治療と被害者救済を合わせて論議をすべき。 »

つれずれ」カテゴリの記事