« 部落差別につながる土地調査も条例で規制 大阪府が全国初 | トップページ | 直方市 同和施設所在地 HPに 条例に番地 全文を削除。? 部落であることが差別の理由にならないことをめざしていたのではないか。 »

町内の団体活動費として支出した補助金が他町民の集会参加に使われていた 鳥取北栄町

北栄町議会:岩垣前教育長、再任 賛成多数で同意 /鳥取
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101218-00000238-mailo-l31
毎日新聞 12月18日(土)15時45分配信
 北栄町議会は17日、岩垣博士・前教育長を再任する人事案に賛成多数で同意した。同和対策補助金の不適切な使用を巡って、1月以上も空席が続いていた教育長がようやく決まった。採決は、賛成8、反対6のわずかな差だった。
 本会議で松本昭夫町長は「岩垣氏は、県教育行政での豊富な経験を生かし、十分に職務を果たしてきた。今後も力を発揮してもらいたい」と述べた。補助金問題についてただされると、「この一件だけで岩垣前教育長のすべてを否定するべきではない」と答弁した。



北栄町:教育長1カ月空席 町長謝罪し再任提案へ /鳥取
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20101216ddlk31010551000c.html

 北栄町の教育長が約1カ月空席になっている。松本昭夫町長は15日、町議会本会議で「教育行政に多大な迷惑をかけたことをおわびしたい」と謝罪し、議会最終日の17日に岩垣博士・前教育長を再任する人事案を提出する意向を表明した。

 町議会は9月議会で、同和対策のために支出した09年度の補助金について、一部の使途が不適切だったと反発。09年度一般会計決算を認定せず、所管の岩垣前教育長に不信感を深めていた。

 11月の臨時議会で松本町長は、同月14日に任期が満了した岩垣前教育長を再任する意向を示したが、議会の同意を得られないと判断して提出を見送り、空席が続いている。15日の町議会で、前田正雄議員は「教育長の長期にわたる空席は町の信頼を失いかねない」と指摘。松本町長は「空席を一日も早く解消するため、教育行政に精通した岩垣氏を再任したい」と理解を求めた。


北栄町:教育長1カ月空席 町長謝罪し再任提案へ /鳥取
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000195-mailo-l31
毎日新聞 12月16日(木)13時7分配信
 北栄町の教育長が約1カ月空席になっている。松本昭夫町長は15日、町議会本会議で「教育行政に多大な迷惑をかけたことをおわびしたい」と謝罪し、議会最終日の17日に岩垣博士・前教育長を再任する人事案を提出する意向を表明した。
 町議会は9月議会で、同和対策のために支出した09年度の補助金について、一部の使途が不適切だったと反発。09年度一般会計決算を認定せず、所管の岩垣前教育長に不信感を深めていた。
 11月の臨時議会で松本町長は、同月14日に任期が満了した岩垣前教育長を再任する意向を示したが、議会の同意を得られないと判断して提出を見送り、空席が続いている。15日の町議会で、前田正雄議員は「教育長の長期にわたる空席は町の信頼を失いかねない」と指摘。松本町長は「空席を一日も早く解消するため、教育行政に精通した岩垣氏を再任したい」と理解を求めた。




北栄町議会:岩垣前教育長、再任 賛成多数で同意 /鳥取
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20101218ddlk31010590000c.html

 北栄町議会は17日、岩垣博士・前教育長を再任する人事案に賛成多数で同意した。同和対策補助金の不適切な使用を巡って、1月以上も空席が続いていた教育長がようやく決まった。採決は、賛成8、反対6のわずかな差だった。

 本会議で松本昭夫町長は「岩垣氏は、県教育行政での豊富な経験を生かし、十分に職務を果たしてきた。今後も力を発揮してもらいたい」と述べた。補助金問題についてただされると、「この一件だけで岩垣前教育長のすべてを否定するべきではない」と答弁した。


鳥取県のニュースですよ
http://kituri6.wordpress.com/2010/12/09/6/
岩垣氏は元小学校長。06年4月に町教育長に就任し、約4年半務めた。

 議会側が問題視しているのは、町が09年度に町内の団体活動費として支出した補助金が他町民の集会参加に使われていたことで、9月町議会は09年度一般会計決算を認定しなかった。町議の一人は「それ以前から関係者から不適正との指摘があったのに、調査などを怠った。予算を所管する教育委員会のトップの責任は免れない」などと話している。

 松本町長は取材に対し「ほかに教育長の適任者はいない。不適正支出が指摘されたのは事実だが、人事案件に結びつけるのはおかしい」と強調し、「町民に心配をかけており、早く空席を解消したい」と意欲を示した。岩垣氏も「就任への意欲はあるが、議会の判断を待ちたい」と話している。

 県教委教育企画室によると、県内で議会同意が得られずに教育長不在が長期化するのは例がないという。担当者は「教育行政上、好ましくない。動きを見守りたい」としている。



岩垣氏再任 北栄町の教育長空席問題
2010年12月18日
http://www.nnn.co.jp/news/101218/20101218010.html

 鳥取県北栄町の教育長が1カ月以上空席になっていた問題で、同町議会は12月定例会最終日の17日、前教育長の岩垣博士氏(60)を教育委員会委員に任命する議案を賛成多数で可決。同氏は同日開かれた臨時教育委員会で教育長に選任された。任期は2014年12月まで。

 定例会では、松本昭夫町長が岩垣氏を教育委員会委員に任命する議案を追加提案。議員からは、岩垣氏の教育長としての姿勢を批判する声や、町の補助金を受けた団体が不適正支出をしていた問題で適切な指導ができなかった責任を追及する意見も出されたが、松本町長が教育現場での経験の豊富さなどについて説明。採決の結果、賛成8、反対6の賛成多数で可決された。

 松本町長は「ほっとしている。(岩垣氏には)反対の内容を受け止め、今後、真摯に取り組んでいただきたい」と話し、岩垣氏は「いろいろな意見を頂いたが、教育に対する期待の大きさから、と受け止めている。できる範囲で精いっぱい(教育長職に)取り組んでいきたい」と語った。

 松本町長は、教育長の任期(11月14日)が切れる直前の11月臨時議会で岩垣氏を再任する意向を示したが、不適正支出問題や小中学生の学力低下などを理由に、複数の議員が再任に強く反発。再任案提出を見送っていた。

|

« 部落差別につながる土地調査も条例で規制 大阪府が全国初 | トップページ | 直方市 同和施設所在地 HPに 条例に番地 全文を削除。? 部落であることが差別の理由にならないことをめざしていたのではないか。 »

つれずれ」カテゴリの記事