« 現地ルポ “プロ同和”村崎太郎が語らざる共産党・人権連の不都合な関係 | トップページ | 町内の団体活動費として支出した補助金が他町民の集会参加に使われていた 鳥取北栄町 »

部落差別につながる土地調査も条例で規制 大阪府が全国初

部落差別につながる土地調査も条例で規制 大阪府が全国初
2010.12.27 23:35
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/101227/lcl1012272337008-n1.htm

 大阪府は27日、部落差別につながる身元調査を禁じた府部落差別調査等規制条例の規制対象に、土地調査を加える条例改正案をまとめた。来年2月議会に提案し、同10月1日施行を目指す。府によると、土地調査を規制対象にする条例は全国で初めて。

 現条例では、探偵業者などが、部落差別につながる身元調査を行うことを禁じている。改正案では、リサーチ会社などが土地調査を行う際、同和事業が行われていた地区の有無を調査、報告することや、所在地の一覧データなどを提供することも規制対象とした。

 違反業者には勧告を行い、資料提供や説明を求める。勧告に従わない場合、業者名などを公表する。

 府内では平成19年、土地調査の依頼を受けたリサーチ会社が、被差別部落や外国人らが多く住む地域について「不人気地域」「敬遠されるエリア」など差別的表現で報告していたことが府の調査で発覚。府が、現行条例で規制できないことから対応を検討していた。

|

« 現地ルポ “プロ同和”村崎太郎が語らざる共産党・人権連の不都合な関係 | トップページ | 町内の団体活動費として支出した補助金が他町民の集会参加に使われていた 鳥取北栄町 »

つれずれ」カテゴリの記事