« 日本の路地を旅する [単行本]上原 善広 | トップページ | 「人権侵害救済機関の設置」。議論点のあることを大臣等も認める »

「運動と組織の根本再生へ」?  

参院選の敗北を乗り越え、運動と組織の根本再生へ
「解放新聞」(2010.11.01-2492)
http://www.bll.gr.jp/news2010/news20101101.html

第2に、各都府県連ごとに同盟員数と投票数を比較してみると、「松岡」への不投票の同盟員はかなりの数になるのではないかと推測されることである。この原因が何なのかというところに、今日部落解放同盟が抱える大きな問題が存在しているといえるのであり、徹底的な究明・分析が必要である。
  第3に、6年前に10万5000人の同盟員数で闘った時の得票数が11万5000票で、今回6万5000人の同盟員数で6万8000票であった。6年間で4万人の同盟員が減少し、4万7000票を落としたことになる。各都府県連ごとの得票をみても、ほとんどすべてのところで軒並みに大幅減少していることである。

|

« 日本の路地を旅する [単行本]上原 善広 | トップページ | 「人権侵害救済機関の設置」。議論点のあることを大臣等も認める »

つれずれ」カテゴリの記事