« 表現の自由と入間基地での航友会会長あいさつ と人権救済法 | トップページ | 筑紫野市での「部落学習会」に思う 「老兵の独り言」より »

「柳田法相辞任、官房長官が法相を兼務」 さもありなん

柳田法相辞任、官房長官が法相を兼務

2010年11月22日(月)10時53分配信 読売新聞 

首相官邸を出る柳田法相(22日午前8時25分)=武藤要撮影 [ 拡大 ]

-PR-
 柳田法相は22日朝、法相を辞任する意向を固め、菅首相に辞表を提出した。

 首相はこれを受理した。

 後任の法相は当面、仙谷官房長官が兼務する。

 菅改造内閣の閣僚辞任は初めて。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件などへの対応で菅内閣の支持率が落ち込む中、重要閣僚である法相の辞任がさらなる打撃となるのは必至だ。

 柳田氏は同日午前、法務省内で記者会見し、「私の不用意な発言がいろいろなところで影響している。補正予算案をすみやかに成立させるためにも私の方から身を引かせていただきたいと首相に伝えた」と述べた。

 柳田氏は14日に地元・広島市で開かれた法相就任を祝う会で、「法相は二つ(国会答弁を)覚えておけばいい。『個別事案については答えを差し控える』『法と証拠に基づき適切にやっている』だ。(答弁が)わからなかったらこれを言う。何回使ったことか」などと語った。

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20101122-00190/1.htm

|

« 表現の自由と入間基地での航友会会長あいさつ と人権救済法 | トップページ | 筑紫野市での「部落学習会」に思う 「老兵の独り言」より »

つれずれ」カテゴリの記事