« 第4回全国大会提案「権利憲章」 | トップページ | 表現の自由と入間基地での航友会会長あいさつ と人権救済法 »

小川敏夫法務副大臣の昇格か? 喜ぶ勢力もあり

柳田法相更迭へ 首相、補正成立を優先 後任に小川副大臣浮上
産経新聞 11月20日(土)7時58分配信

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101120-00000058-san-pol

 菅直人首相は19日、国会を軽視する発言が問題視されていた柳田稔法相を更迭する方針を固めた。首相ら政権首脳部は当初、柳田氏を擁護する姿勢を見せていたが、このままでは政府・与党が今臨時国会の最重要課題に位置付けている平成22年度補正予算の成立が危ういと判断した。民主党幹部は同日、柳田氏更迭に伴う国会運営に関して野党と協議を開始した。後任の法相には小川敏夫法務副大臣らの名前が浮上している。

 民主党は柳田氏更迭の時期について、問責決議案提出前▽決議案提出直後▽決議案採決後-の3通りの選択肢を検討中だ。

 自民党は同日の参院予算委員会理事会で補正予算案採決に応じる条件として(1)柳田氏罷免(2)自衛隊関連行事での民間人の政権批判を封じた防衛事務次官通達の撤回(3)小沢一郎元民主党代表の国会招致(4)中国漁船衝突事件のビデオ映像の公開-を挙げた。また、自民党幹部らは同日午前、都内のホテルで会合を開き、柳田氏が辞任しない場合、22日に衆院に不信任決議案、参院に問責決議案をそれぞれ提出することを確認した。

 これに対して、柳田氏は改めて辞任しない考えを示し、菅首相も19日夜、「本人も深く反省して、『誠心誠意、頑張りたい』と言っている。頑張ってもらいたい」と、擁護する構えをみせた。

 だが、仙谷由人官房長官は同日の記者会見で、問責決議案が可決された場合について、「本人の意思だ。その時点でどういう意思なのか、状況次第で予測はしかねる」と柳田氏辞任に含みを残した。また、民主党の渡部恒三最高顧問は同夜、「(柳田氏は)同情に値しない。(可決されれば)辞めていただくしかない。その前にも辞める選択肢はある」と述べた。

 一方、表向きの動きとは別に、官邸サイドと民主党幹部は19日に会談し、補正予算成立を最優先する方針で一致した。さらに、民主、自民両党の幹部が同日会談。民主党側は柳田氏更迭と引き換えに補正予算案採決に応じるよう要請したが、自民党側は拒否した。

 政府・民主党は同日、後任法相の人事調整に着手した。複数の幹部が小川氏の名前を挙げている。




小川敏夫法務副大臣
http://www.ogawatoshio.com/
昭和45年 立教大学法学部卒業
同   年 司法試験合格
昭和48年 静岡地裁判事補
昭和51年 検事に転官(東京地検他)
昭和56年 検事を辞職
東京弁護士会に登録
昭和59年 立教大学法学部講師
~昭和61年


人権政策推進議員連盟で千葉法務大臣と面談 (松岡ブログ)
 5月12日、先日報告しました人権政策推進議員連盟の設立を期に、議連役員を中心に千葉景子法務大臣と面談を行いました。
 面談には、会長の中野寛成衆議院議員、副会長の松本龍衆議院議員、小川俊夫参議院議員、岡崎トミ子参議院議員、事務局長の松野信夫参議院議員、事務局次長の大島九州男参議院議員と私が参加しました。
 面談では、中野会長が議員連盟を設立した趣旨を報告。人権侵害救済機関の設立にむけて取り組んでいきたいとの意向がのべられ、意見交換が行われました。
 千葉景子法務大臣は、法務省内においても研究と議論を重ねており、議連のメンバーとも意見交換を行っていきたいと応じられました。



5月13日
小川敏夫は、国会超党派の議連であります国連人権活動協力議員連盟の会長を前会長の羽田孜先生の後任として努めておりますが、さる5月13日には、来日しました国連人権高等弁務官ピレー女史一行と会談致しました。
この会談では、種種の人権問題について意見交換をした他、特に拉致問題の解決に向けての取り組みを要請し、ピレー高等弁務官からも、関係国に働きかける事の回答を頂いております。 .

|

« 第4回全国大会提案「権利憲章」 | トップページ | 表現の自由と入間基地での航友会会長あいさつ と人権救済法 »

つれずれ」カテゴリの記事