« 「運動と組織の根本再生へ」?   | トップページ | 6年間で4万人の同盟員が減少し、4万7000票を落とした »

「人権侵害救済機関の設置」。議論点のあることを大臣等も認める

2010年10月29日
http://www.m-kiuchi.com/2010/10/29/oshirase221029/

 本29日、私の所属する法務委員会の開催が急遽、昨日夕方に決まった。私は、先週金曜日に続き、11時30分から10分間の質問時間をいただいた。関係各位に心より感謝申し上げたい。

 今回は、前回質問の際、時間の都合で出来なかった「人権侵害救済機関の設置」について質問をする予定である。推進派の千葉景子前法務大臣から柳田稔新法務大臣に変わったが、先日の大臣所見で柳田大臣はこの機関の設置について触れられた。私は、慎重ないし反対の立場から、大臣の所見についてしっかりとただしたいと考えている。

 質問の模様は「衆議院TV」でインターネット中継される予定である(「法務委員会」をクリック)。是非、ご覧いただきたい。


 城内実(国益と国民の生活を守る会)      10月29日の分を検索する

   11時 36分      09分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

|

« 「運動と組織の根本再生へ」?   | トップページ | 6年間で4万人の同盟員が減少し、4万7000票を落とした »

つれずれ」カテゴリの記事