« 「差別の事実」をどう掘り下げているのか。公教育が「部落の子」の自覚押しつけすべきでない | トップページ | 「運動と組織の根本再生へ」?   »

日本の路地を旅する [単行本]上原 善広

日本の路地を旅する [単行本]上原 善広
内容紹介
かつて中上健次が「路地」と呼んだ被差別部落。その出身者である著者が、日本全国に存在する路地を旅する異色のノンフィクション。
内容(「BOOK」データベースより)
自身の出身地である大阪・更池から中上健次の故郷・新宮へ。日本全国500以上の「路地」をめぐり歩いた十三年間の記録。

登録情報

    * 単行本: 327ページ
    * 出版社: 文藝春秋 (2009/12/15)

上原善広 blog
http://u-yosihiro.at.webry.info/

|

« 「差別の事実」をどう掘り下げているのか。公教育が「部落の子」の自覚押しつけすべきでない | トップページ | 「運動と組織の根本再生へ」?   »

つれずれ」カテゴリの記事