« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月に作成された記事

法務大臣挨拶9月17日

平成22年9月17日(金)
大臣あいさつ
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00066.html

 この度,法務大臣,拉致問題担当大臣を拝命しました柳田稔です。どうぞよろしくお願いします。
 法務省は,法秩序の維持と国民の権利の擁護を主たる任務としています。これは,国民生活の基盤と非常に密接な関係もあり,重い役割だと思っています。初めて法務大臣,またそういう関係に就くわけですので,常に国民の目線に立って,謙虚にしかも柔軟な姿勢で法務行政の先頭に立って,様々な問題に取り組んでいきたいと思っています。法務大臣就任に当たりまして,菅総理から2点御指示を受けました。
 1点目は国民にとって身近で充実した司法を目指し,司法制度改革を推進するようにということでした。
 そして2点目が国民の人権が保障され,安心して暮らせる社会を作るようにということでした。この中でも特に再犯防止の観点から刑務所出所者等に対する就労支援の推進など,国民が安心して暮らせる社会の実現に向けて種々取り組んでまいりたいと思っています。
 また,政府全体としての施策にありますように,新しい公共の理念を取り入れて,地域社会や民間の方々とより一層連携して,安全・安心な社会の実現に邁進してまいりたいと思っています。
 また,前大臣の千葉大臣が,いろいろと議論を皆様の前に提起したかと思っていますけれども,このことも含めて党のマニフェストにいろいろと書かれています。このこともいろいろと新しい取組も含めながら頑張っていきたいと思っています。
 次に拉致問題担当大臣として菅総理から言われたことは,国の責任において拉致問題の解決に取り組み,すべての拉致被害者の一刻も早い帰国に向けて全力を尽くすようにということでした。
 私は民主党の前,最初当選したとき,民社党でした。当時,大先輩に中井先生もいらっしゃいました。いろいろと御指導を賜っておりますので,中井先生のお考えも十分聞かせてもらいながら精一杯努力をしてまいりたいと思っています。特に中井大臣になりまして,拉致問題対策本部,いろいろと組織改正をしたというふうに思っていますので,その体制の強化もしてまいりたいと思いますし,こう着した状態の拉致問題ですので,何とか突破口を開いて,いろんな情報収集をしながら,全力で取り組んでまいりたいと思っています。
 北朝鮮は最近いろいろな話が出ています。韓国の哨戒船撃沈の事件,それから金正日国防委員長の訪中,さらには44年振りの朝鮮労働党代表者会議を開催するといった動きもあります。こういった動きを考えながら,拉致被害者の家族の皆様の高齢化,このことも考えますと,安全に1日も早く帰国していただくように,最大限の努力をするということが私の最大の使命だろうと思っています。これからも頑張ってまいりますので,どうぞよろしくお願いします。

|

高額書籍売りつけ 岡山地裁で初公判

高額書籍売りつけ 岡山地裁で初公判 被告、起訴内容を一部否認
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010092121032875/

 政治、同和団体をかたり高額書籍を売りつけたとして、組織犯罪処罰法違反の罪に問われた出版社「エス・ビー・ビー」の元社長柿原邦人(47)=栃木県那須町=と、同社元専務伊藤賢(41)=川崎市中原区中丸子=の両被告の初公判が 21日、岡山地裁(田尻克已裁判長)で開かれ、両被告は「岡山営業所での恐喝行為はよく分からない」と起訴内容を一部否認した。

 冒頭陳述で検察側は「両被告は本店作成のマニュアルに基づき、独自にアレンジしたものを各支店に作成するよう指示しており、社員の営業方法を認識していた」と指摘した。

 両被告の弁護人は「営業社員に恐喝の指示はしておらず、共謀は成立しない」と述べ、争う姿勢を見せた。

 起訴状によると、両被告は2008年から09年にかけ、「政治・経済研究会」や「同和文献保存会」を名乗り、岡山、広島県内の企業に電話して人権問題に関する書籍を販売、代金として約66万円を脅し取ったなどとしている。

|

法務3役

法務大臣
拉致問題担当 柳田 稔 (やなぎだ みのる) 参院
http://www.yarukida.com/

法務副大臣 小川 敏夫(おがわ としお) 参院
http://www.ogawatoshio.com/

法務大臣政務官 黒岩 宇洋(くろいわ たかひろ) 衆院
http://www.t-kuroiwa.jp/

大臣 副大臣 政務官 民主党役員人事

http://www.dpj.or.jp/news/?num=18872#daijin


|

「障害」の表記についての意見募集

「障害」の表記についての意見募集
http://zjr.sakura.ne.jp/?p=582
【意見募集期間:9月10日~9月30日】

|

教組の「ヤミ専従」全国規模で調査へ

教組の「ヤミ専従」全国規模で調査へ 国庫負担金返納も 会計検査院

産経新聞 9月20日(月)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100920-00000503-san-soci

 北海道教職員組合(北教組)で勤務時間中の組合活動や法令違反が相次いでいる問題に関連し、会計検査院が北海道を含む20前後の道府県の教職員組合に対して勤務時間中に無許可で組合活動を行う「ヤミ専従」の有無などに関する調査を行う方針を固めたことが19日、分かった。公立学校の教職員に支給される給与は、国が義務教育費国庫負担金として3分の1を補助している。これまで会計検査院が義務教育費国庫負担金を調査したことはあるが、ヤミ専従に関する本格的な調査に踏み切るのは初めて。

 関係者によると、調査は近く行われる見通し。北教組の法令違反は、民主党北海道5区から出馬した小林千代美前衆院議員陣営に北教組が違法に資金を提供した政治資金規正法違反事件で明らかになった。

 調査の対象は北海道のほかに岩手、大阪、兵庫、奈良、広島、愛媛、高知、鹿児島、沖縄など計20前後の道府県にのぼる見通しだ。

 教職員の給与に国庫負担金が入っているため、調査の結果、ヤミ専従や違法な政治活動が指摘された場合、会計検査院は国庫負担金の返還を求める方針で、返還金の規模は数億円にのぼる可能性がある。

 調査は文部科学省を担当する第4局が行う。教組側の組織的な抵抗も予想されることから、会計検査院内には調査に対し、慎重論もあった。しかし、北海道教育委員会が実施した教職員への面談調査で、ヤミ専従や勤務時間内の違法な選挙活動を認める証言が数多く出てきたことから、調査の必要性があると判断したもようだ。

 会計検査院による調査をめぐっては、今月7日の参議院文教科学委員会で義家弘介参院議員(自民)の「北教組の活動は、義務教育費国庫負担金の不正受給に当たる可能性がある。検査をするのか」という質問に対し、金刺保第4局長が「所要の体制を整えて検査を行う」と前向きな答弁をしていた。

 義務教育費国庫負担金に関して、会計検査院は平成10~13年度に連続して調査している。しかし、これまでは用務員を教諭の給与に含めて請求していたケースなど、ほとんどが計算ミスの指摘にとどまっており、今回のようにヤミ専従、特に違法な政治活動を本格的に調査するのは初めてのケースとなる。

|

地域総合センターの名称・位置、同和地区名等の公開を求め滋賀県を提訴

地域総合センターの名称・位置、同和地区名等の公開を求め滋賀県を提訴

http://tottoriloop.miya.be/?p=441

今回の裁判は、滋賀県の同和地区一覧と言える文書である「同和対策地域総合センター要覧」に掲載されている地域総合センターの名称・位置、同和地区名等の公開を求めるものです。

|

「同和教育真正面から 中学生がフィールドワーク」。 はてさて困ったものだ!

同和教育真正面から 中学生がフィールドワーク 「長崎の歴史」見つめる
2010年9月12日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/196984

 長崎市で、市内の同和問題を学ぶ動きが広がりを見せている。まちを歩いて差別の歴史を考えるフィールドワークを、同市の中学校が初めて実施。教員の任意団体は授業での指導案をまとめた。「寝た子を起こすな」という論理から敬遠されがちだった問題に真正面から取り組む姿を追った。

 9日朝、長崎市の坂道に、同市立滑石中学校の3年生15人が集まっていた。輪の中心にいたのは、部落解放同盟県連合会書記長の宮崎懐良(よりなが)さん(30)だ。

 「ここは江戸期に、差別された町があった場所です。町は時代を経て転々とさせられます」

 立っているのは、映画のロケ地にもなった石畳の道や階段が続く長崎らしい場所だけに、生徒たちは驚いたような顔で話に聞き入った。

 ツアーは約2時間かけて市内各地を回り、江戸期のキリスト教徒弾圧の歴史を学びながら、輸入牛皮を扱った差別された町の変遷を考えた。

 宮崎さんは「海外交易や原爆など、長崎の歴史と被差別部落は密接にかかわっている。史実を学んで差別に理由がなかったことを知ってほしい」と話す。ツアーを案内するボランティア養成の新講座も11日に始まった。

   ■   ■

 ツアーは、同市のNPO法人「長崎人権研究所」が企画。滑石中の生徒たちは総合学習の時間を利用して参加した。

 同校は現在、1857年に岡山藩で被差別部落の人たちが差別的な藩政改革に反発して起こした「渋染一揆」を題材にした劇にも取り組んでいる。

 指導する人権教育担当教員の大渡順子さん(55)は赴任する学校ではこの劇を演じさせているが、地元の同和問題を取り上げるのは始めて。「この問題に触れないまま人権教育を終えてしまえば、差別を許す大人になりかねない。正しい知識を身に付け、差別が現代の問題でもあると認識してほしい」

 生徒たちは長崎での被差別部落問題を初めて知った。永田沙織さん(15)は「劇では差別された人を演じるけど、差別した側の人のことも考えながら表現しなければ」と意気込んだ。

   ■   ■

 同和教育を研究する教員たちの任意団体「長崎市人権教育研究会」に登録する教員は増加しており、会員は10年前の3倍以上の約千人に上る。同会は昨年3月、市内の被差別部落の歴史を取り入れた教材「人権・同和教育指導案」を作成。市教委が発行して市内の全教員に配布した。初めて地域の問題に踏み込んだ格好だ。

 だが、同研究会によると、実際に授業で取り上げられたのはごく少数。同和教育に関する関心は高まってはいるが、平和教育に比べて身近に思われておらず、指導する教員が十分に育っていないのが課題という。

 同研究会研究局長の馬場務さん(46)は「足元の歴史や現代の問題を積極的に取り上げながら、教育の場に広げていきたい」と話す。

=2010/09/12付 西日本新聞朝刊=

|

「滞納者放置は違法」 市民オンブズ

「滞納者放置は違法」 市民オンブズ、徳島県板野町に監査請求
http://mytown.asahi.com/areanews/tokushima/OSK201008250149.html
2010年8月26日

 同和地区の住民に家の新築や改修資金を貸し付ける事業で、板野町が返済をしぶる滞納者を放置し違法に財産管理を怠っているとして、市民オンブズマン「とくしま見守り隊」板野支部が25日、事務監査請求の手続きをした。

 請求によると、町は1973~86年に計20億8245万円を貸し付け、うち3億5356万円が未返済。だが、滞納者の土地家屋を差し押さえたり、連帯保証人に支払い請求をしたりしなかったと指摘。同オンブズマン板野支部の西川恵二代表は「税金を使っている以上、きちんと返してもらうべきだ」と話す。

 一方、担当の町人権コミュニティ課は「まだ書類を見ていないのでコメントできない」としている。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »