« 松岡選挙 解同総括方針 解放新聞 | トップページ | 内閣総理大臣談話  韓国併合100年 »

65歳以上の高齢者の中での一人暮らし、2030年には男性17・8%、女性20・9%に

万引きも「孤独から」…摘発の25%が高齢者

2010年8月9日(月) 読売新聞

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20100809-00047/1.htm

 高齢者が犯行理由に「孤独」を挙げるケースは、万引きでも目立っている。

 警察庁によると、昨年1年間に万引きで摘発された65歳以上の高齢者は全体の25%にあたる2万7019人で、過去最多となった。

 また、警視庁が今年1~4月に都内で摘発した万引き犯のうち、65歳以上の144人について調べたところ、57・6%にあたる83人が一人暮らしで、92・4%にあたる133人は無職だった。

 警察幹部によると、動機は従来のような「生活苦」を理由とするケースのほか、「寂しかった」「孤独だった」とする供述が目立っているという。

 政府によると、65歳以上の高齢者の中での一人暮らしの割合は増加しており、2030年には男性17・8%、女性20・9%に達すると推計される。警察幹部は「お年寄りが孤立しない社会を作ることも大切」と話している。

|

« 松岡選挙 解同総括方針 解放新聞 | トップページ | 内閣総理大臣談話  韓国併合100年 »

つれずれ」カテゴリの記事