« 北海道障がい者条例 | トップページ | 「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置-警視庁 »

日弁連『人種差別撤廃条約に基づく日本政府報告書審査について』

第62回「国際人権に関する研究会」―『人種差別撤廃条約に基づく日本政府報告書審査について』

http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/100409.html

日本弁護士連合会国際人権問題委員会では、国際人権諸活動に関する基礎的な調査・研究及び情報交換を行うことを目的に、定期的に「国際人権に関する研究会」を開催しています。

2010年2月24・25日、人種差別撤廃条約に基づき第3回から第6回日本政府報告書審査が実施されました。日弁連からは3名の会員を派遣し、同審査の傍聴及び人種差別撤廃委員会委員への情報提供等を行いました。

今回の研究会では、審査を傍聴した、反差別国際運動(IMADR)事務局次長である小森恵氏及び当連合会人種差別撤廃条約に関するワーキンググループの吉井正明弁護士、水内麻起子弁護士からの報告をお聞きします。

本研究会は、弁護士のみによる研究会ではなく、研究者、市民、司法修習生や法科大学院・法学部の学生の方など、どなたでも参加できます。御関心をお持ちの方がおられましたら、お誘い合わせのうえ、奮って御参加下さい。

日時 2010年4月9日(金)18:00~20:00
場所 弁護士会館17階 1702会議室
申込書をご参照の上、FAX(03-3580-9840)でお申し込み下さい。

|

« 北海道障がい者条例 | トップページ | 「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置-警視庁 »

つれずれ」カテゴリの記事