« 佐賀県内295世帯の「実態」 課題は市民的要求に拡げて闘うべき  | トップページ | 日弁連『人種差別撤廃条約に基づく日本政府報告書審査について』 »

北海道障がい者条例

「北海道障がい者及び障がい児の権利擁護並びに障がい者及び障がい児が暮らしやすい地域づくりの推進に関する条例」について
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/shf/jourei.htm

  道議会(平成21年第1回定例会)において、「北海道障がい者及び障がい児の権利擁護並びに障がい者及び障がい児が暮らしやすい地域づくりの推進に関する条例」が可決され、3月31日付けで公布しました。
  この条例の施行期日については、第1章、第2章及び第9章が平成21年3月31日、その他は「規則で定める日」としており、道では、今後、この条例に規定するさまざまな施策を早期に具体化できるよう、障がいのある方々や道民のみなさまのご意見を幅広く伺いながら、進めていくこととしています。


北海道障がい者条例のホームぺージ
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/shf/jyoureitop.htm

◎北海道障がい者条例とは・・・

○「北海道障がい者及び障がい児の権利擁護並びに障がい者及び障がい児が暮らしやすい地域づくりの推進に関する条例」(略称:北海道障がい者条例)は、障がいのある方の権利擁護、暮らしやすい地域づくりの推進、働く障がい者の応援などを目指した条例です。平成21年3月31日に公布され、来年4月1日に本格施行されます。

○この条例には、とても幅広いさまざまな取組みが盛り込まれていますが、主なポイントとしては、次の4つがあります。
 1 障がいのある方が暮らしやすい「地域づくり」の推進
 2 働く障がい者を応援する「就労支援」の推進
 3 障がいのある方の差別や虐待をなくし、「権利擁護」の推進
 4 14支庁圏域ごとに、障がいのある方の権利擁護や暮らしやすい地域づくりなどについて話し合う「地域づくり委員会」の設置

○道では、平成22年4月1日の本格施行に向けて、現在、条例に基づく仕組みや施策にいて検討を進めているところですが、その検討に当たっては、障がいのある方やそのご家族、関係団体、企業、市町村など、多くの道民の方のご意見を伺い、そのご意見を施策検討の場に反映してまいりたいと考えています。

◎来年4月の本格施行までに実施すること・・・
 ○主な取組について、障がい当事者や有識者などからなる施行準備のための有識者会議(北海道地方障害者施策推進協議会)で検討します。
 ○14支庁圏域ごとにタウンミーティングを実施し、道民の皆様の声をお聴きします。
 ○関係団体等との意見交換を行います。
 ○シンポジウムを開催します。

                                    

○ 北海道障がい者条例の施行に向けたこれまでの取組みについて

○ 条例施行準備検討委員会について

|

« 佐賀県内295世帯の「実態」 課題は市民的要求に拡げて闘うべき  | トップページ | 日弁連『人種差別撤廃条約に基づく日本政府報告書審査について』 »

つれずれ」カテゴリの記事