« 部落解放同盟会員名簿流出の怪 | トップページ | 「働き」にみる日本の根本の人権 この人権侵害救済が課題にならずに何の救済機関か。 »

人権侵害救済法。まず法案を提出したうえで議論する。 これは民主の数の横暴だ。

部落解放同盟:全国大会 運動方針案採択し閉会

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100305ddm012040054000c.html

 東京都千代田区で開かれていた部落解放同盟第67回全国大会は4日、今夏の参院選での勝利や「人権侵害救済法」の早期制定などを掲げた運動方針案を採択して閉会した。

 中央書記長の松岡徹参院議員(民主)は閉会後の会見で「政権が交代し、今国会での人権侵害救済法の成立を望む。まず法案を提出したうえで議論する必要がある」と述べた。

毎日新聞 2010年3月5日 東京朝刊

|

« 部落解放同盟会員名簿流出の怪 | トップページ | 「働き」にみる日本の根本の人権 この人権侵害救済が課題にならずに何の救済機関か。 »

つれずれ」カテゴリの記事