« 生徒宅に差別文書6通 部落中傷「消え失せろ」 久留米の高校教諭 脅迫容疑などで逮捕 真相解明を。同和教育強化の問題にすべきではない。 | トップページ | 久留米市問題 真相を明らかに。生徒の喫煙問題で親といかなるトラブルになったのか。 »

生徒指導上の何が問題だったのか 「部落問題」理解が本質ではない 福岡 

教諭、生徒の父を脅迫容疑 被差別部落中傷の内容 福岡
2010年2月22日7時0分

http://www.asahi.com/national/update/0222/SEB201002220002.html

 被差別部落を中傷し、「死んでしまえ」などと脅迫する内容の手紙を勤務する高校の生徒の父親に送りつけたとして、福岡県警久留米署は21日、同県久留米市国分町、市立高校教諭吉田威容疑者(37)を脅迫と偽計業務妨害容疑で逮捕した。「私のしたことに間違いありません」と容疑を認めている、と同署は説明している。吉田容疑者は英語教諭で、同校で生徒指導を担当していた。

 発表によると、吉田容疑者は昨年9月7日ごろから同10月3日までの間に計6回、勤務する市立高校の男子生徒の父親の自宅あてに、同県久留米市、柳川市、八女市から中傷、脅迫する内容の封書1通とはがき5通を送りつけた疑いがある。また、封書と手紙の送付を受けて市教育長や校長らに対策会議を計20回開かせるなど、通常業務の遂行を妨げた疑いがある。

 封書とはがきは、同校に届いたアンケート用はがきや封筒を再利用したもので、差出人には同校の別の教諭の住所と名前が書かれていたり、同校の名前がわかる封筒が使われていたりしていた。父親が同署に相談し、被害届を出したことから発覚。同署は手紙にあった指紋などから吉田容疑者を突き止めたという。

 21日午前4時から会見した久留米市教育委員会によると、父親は届いた封書とはがきを持って市教委に相談に訪れた。内容は手書きやパソコンで「棺おけはすぐそこ」「三途(さんず)の川を渡れ」などと書かれていた。また、関係者によると、被差別部落を中傷する記述もあったといい、父親は部落解放同盟に相談していた。父親は脅迫を受けて体調を崩し、数週間仕事を休んだという。

吉田容疑者は1995年の採用以来同校に勤務し、2年前から生徒指導を担当。校長によると、吉田容疑者と父親は昨年初め、男子生徒に対する校則違反の指導をめぐって電話で話した際、父親から「(吉田容疑者の)電話の対応が悪い」とクレームが出たことがあったという。校長は自宅に出向いて「対応が悪くて申し訳ない。指導します」と釈明。校長は「そのトラブルは解決したと思っていた。それが続いていたとは考えにくい」と話した。

 事件を受け、同市の堤正則教育長は「信じがたい。命の尊さを教えるべき教職員がこのような行為に至ったのは誠に遺憾。事実を確認して厳正に対処したい」と陳謝した上で、教員に対し「今後は人権意識を高めるため、人権同和研修の充実を図る。部落問題に関する歴史的意識を深めていくための研修が必要」とも述べた。

差別文書郵送 校長「許し難い事件」 容疑者の高校 全校集会、生徒に説明
2010年2月22日

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/154021

 福岡県久留米市の高校の生徒宅に被差別部落を中傷する脅迫文書を送り付けたとして、脅迫などの疑いで、高校教諭吉田威(たけし)容疑者(37)=同市国分町=が逮捕された事件で、吉田容疑者の勤務先の高校は22日朝、全校集会を開き事件について説明した。午後には保護者への説明会も開く予定。

 校長などによると、この日は期末試験が予定されていたが「事件による生徒たちの不安を考え、少しでも早く説明したい」と試験を中止し、急きょ生徒集会を開催した。

 校長(59)は「今回の事件は部落差別を助長する事件であり、許し難い」とした上で、「人権を守る大切さを教え、生徒を守る立場の教諭が(差別文書を送った容疑で)逮捕され、みなさんに心配をかけて申し訳ない」と謝罪した。生徒たちは真剣な表情で静かに聞き入っていたという。

 また、21日午後には約50人の全教職員を集めて今後の対応を協議。校長は「失墜した教育現場の信頼を回復していかなければならない」と呼びかけた。吉田容疑者が昨年夏ごろから、校長や同僚の教諭に対して、複数の教諭を中傷し辞めさせるよう求める脅迫文書を少なくとも6通送り付け、その行為を認めたことも説明したという。

 差別文書事件をめぐっては、吉田容疑者と被害者(38)が昨年春ごろ、被害者の子どもの生徒指導をめぐり口論になったことが背景の一つとみられている。

 事件を知らされた同僚の男性教諭は、取材に対して「逮捕容疑が事実として、差別文書で脅迫するという形でうっぷんを晴らすのは許されることではない」と語気を強めた。その上で「そこまで追い詰められていたのだとすれば、もっと周囲がケアしてあげるべきだった」と自らを責めるように語った。

=2010/02/22付 西日本新聞夕刊=





脅迫:生徒父親に中傷文書送った疑い 高校教諭逮捕 福岡

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100222k0000e040028000c.html

 福岡県警は21日、生徒の父親(38)を中傷する文書を送りつけるなどしたとして、同県久留米市国分町、高校教諭、吉田威(たけし)容疑者(37)を脅迫と偽計業務妨害容疑で逮捕した。吉田容疑者が勤める高校の関係者によると、文書の中には父親が同和地区出身であることを中傷する内容もあったという。

 逮捕容疑は昨年9~10月、過去に生活指導をした生徒の父親に対し「死んでしまえ」「棺おけはすぐそこ」「三途(さんず)の川を渡れ」などと書かれた封書やはがき計6通を郵送で送りつけたとしている。さらに、父親の相談を受けた市教育委員会に昨年9月~今年1月、本来必要のない対策会議を計20回開かせ、日常の業務を妨害したとされる。

 県警によると、制服業者が学校に送ってきた商品のアンケート用紙や、吉田容疑者が同僚から海外旅行の土産でもらったたばこの箱を開いた紙などに書かれており、吉田容疑者が浮上。指紋の鑑定などで特定した。

 学校関係者によると、吉田容疑者は95年に着任。担当教科は英語で、2年前から生徒指導主事を務めていた。昨年春以降、この生徒の生活指導を巡って父親と電話。電話対応で言葉遣いが悪いなどと言い合い口論になったという。父親は心労から休職したこともあったらしい。

高校教諭が生徒宅に差別はがき 脅迫容疑などで逮捕

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022101000120.html

 福岡県警久留米署は21日、生徒の父親に対して人権に関する差別的な内容を記したはがきを郵送したなどとして、脅迫と偽計業務妨害の疑いで、久留米市立南筑高校教諭吉田威容疑者(37)=同市国分町=を逮捕した。市教育委員会によると、生徒の喫煙問題で教諭と父親の間でトラブルがあったという。

 逮捕容疑は、昨年9月7日から10月3日にかけ、「死んでしまえ」などと書いたはがきや手紙計6通を父親あてに郵送して脅迫した疑い。市教委はこの問題で対策会議を約20回開くなど、通常の業務を妨害されたとしている。

 久留米署によると、昨年9月下旬、父親から相談を受けた市教委が被害を届け出た。郵便物はいずれも匿名だったが、学校関係者しか持っていない高校の制服カタログを使ってはがきを作っており、差出人が判明した。

 市教委によると、吉田容疑者は生徒指導主事だった。堤正則教育長は21日未明に記者会見し、「教員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実を今後確認し、厳正に対処したい」と謝罪した。

2010/02/21 09:12   【共同通信】

|

« 生徒宅に差別文書6通 部落中傷「消え失せろ」 久留米の高校教諭 脅迫容疑などで逮捕 真相解明を。同和教育強化の問題にすべきではない。 | トップページ | 久留米市問題 真相を明らかに。生徒の喫煙問題で親といかなるトラブルになったのか。 »

つれずれ」カテゴリの記事