« 法務省 議案検討の透明性を政策会議で指摘される 質疑応答の記載欠落を正すべき | トップページ | 滋賀 「同和地区問い合わせ」問題 2つの集会 2月27日 »

夫婦別姓「前から賛成」=鳩山首相。まとめる立場か?

夫婦別姓「前から賛成」=民法改正案提出を後押し-鳩山首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100216-00000091-jij-pol
2月16日18時42分配信 時事通信
 鳩山由紀夫首相は16日夕、民法改正による選択的夫婦別姓制度の導入について「私自身は夫婦別姓に前から基本的に賛成している」と言明した。首相が就任後、この問題で立場を明確にしたのは初めて。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は「家族の在り方とか権利とかにつながるから、1人ひとりが政党を超えて、いろんな考えを持っているテーマだ。なかなか簡単にまとめにくい話ではないか」と指摘。その上で「政府としてまとめられるかどうかを今、千葉景子法相を中心に努力してもらっている」と語った。
 同制度をめぐっては、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)が「家族がばらばらになる」と反対しているが、今国会への民法改正案提出を目指す千葉氏は亀井氏の説得に努める考えを示している。首相の発言は、千葉氏を後押しする狙いがあるとみられる。 

|

« 法務省 議案検討の透明性を政策会議で指摘される 質疑応答の記載欠落を正すべき | トップページ | 滋賀 「同和地区問い合わせ」問題 2つの集会 2月27日 »

つれずれ」カテゴリの記事