« ニッポン人脈記 〈差別を越えて〉。果たして「超えて」るだろうか。 | トップページ | 人権侵害救済法をつくるなら国民的議論に再度附すべき »

「滋賀部落人名総監」。真偽は別にしても個人情報の流失阻止を。

部落解放同盟滋賀県連合会会員名簿流出問題まとめブログ

http://buraku.iku4.com/

2009年12月14日、部落解放同盟滋賀県連合会の支部名、氏名、生年月日、住所、電話番号などの会員情報がインターネットに流出。その後1支部づつ不定期流出。犯人声明から、県連のパスワード無し無線ネットワーク共有フォルダから55支部の名簿流出が判明。声明は名簿管理体制も指摘し滋賀解同委員長の建部五郎の辞職要求も!全名簿が流出すると約4000人。それは「部落地名総監」どころか「滋賀部落人名総監」やーん!!

|

« ニッポン人脈記 〈差別を越えて〉。果たして「超えて」るだろうか。 | トップページ | 人権侵害救済法をつくるなら国民的議論に再度附すべき »

つれずれ」カテゴリの記事