« 京都コミセン 有料化の波紋 | トップページ | 書籍恐喝販売容疑:えせ同和の出版社捜索 岡山県警 »

「裏社会はヤクザと同和、在日」 阿久根市長ブログ

  「裏社会はヤクザと同和、在日」 阿久根市長ブログ
http://www.asahi.com/politics/update/0115/SEB201001150004.html

   ブログで物議を醸している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が15日付で、自身のブログに「日本の裏社会を構成している主な要素はヤクザと同和そして在日」などと差別的な記述をしていた。いずれもインターネットの別のサイトから引用した内容が大半で、一部に私見と思われる記述もある。

 15日付には二つの書き込みがあり、一つは「この国の真実」とのタイトル。「元公安調査庁第二部長 菅沼光弘氏の講演」と題した別サイトのリンクを張っており、暴力団の構成員の内訳について触れたうえで、「日本の経済、外交、政治は同和と在日に乗っ取られているのかもしれない」などと記述している。

 もう一つは「右翼らしき街宣活動」とのタイトルで、「右翼団体の構成員は『朝鮮半島出身者』が占めている」などと書き、右翼団体や暴力団名を羅列した。同じようにリンク先があり、右翼団体などの一覧表は別のサイトを引用したとみられる。



2010/01/17 (日) メールの紹介 右翼、部落開放、日教組、自治労
http://www5.diary.ne.jp/user/521727/

コメント:http://blog.livedoor.jp/asatei/archives/50368218.html皇義塾は大阪ではよく目にする街宣右翼なのですが、自治労・日教組などとかなり深いつながりがあることが知られていた左翼組織としての部落解放同盟が右翼団体とも付き合っていたことには相当衝撃を受けました。場合によって外の街宣車は職員が呼んだ可能性がありますね。

|

« 京都コミセン 有料化の波紋 | トップページ | 書籍恐喝販売容疑:えせ同和の出版社捜索 岡山県警 »

つれずれ」カテゴリの記事