« 自殺者、12年連続3万人 | トップページ | 解放同盟滋賀県連支部員名簿が流出 »

アイヌ支援で新会議

アイヌ支援で新会議=鳩山首相「政治主導で推進」
2009年12月25日(金)14:03

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-091225X458.html

 政府は25日、アイヌの人々の文化振興や生活支援策を検討するため、平野博文官房長官を座長とする「アイヌ政策推進会議」を設置することを決めた。年明けにも初会合を開く。

 11月に廃止された「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」の後継組織。同懇談会が7月に政府に提出した報告書を踏まえ、支援のための法整備など具体策を検討する。アイヌの人々の意見を反映させるため、同懇談会では1人だったアイヌのメンバーを、5人に増員する。

 これに関連し、鳩山由紀夫首相は同日午前、首相官邸で推進会議メンバーの加藤忠北海道アイヌ協会理事長と会い、「大事なことだから積極的に進める。政治主導でやりたい」と伝えた。 

[時事通信社]


アイヌ民族5人起用 政策推進会議 年明けに初会合 (12/23 07:14)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/206863.html

 政府は22日、新設するアイヌ民族政策に関する有識者懇談会「アイヌ政策推進会議」のメンバー15人を内定した。アイヌ民族側の意見をできる限り政策に反映させるため、北海道アイヌ協会の加藤忠理事長ら5人を起用する。鳩山由紀夫首相の目指すアイヌ民族との「共生」をテーマに具体策を議論する。週内にもメンバーを決定し、年明けに初会合を開く。



アイヌ民族と共生の象徴 大規模公園 政府が構想 (12/24 08:24)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/206999.html

 政府は23日、「アイヌ民族との共生の象徴となる空間」を新たに整備する方針を固め、新設する「アイヌ政策推進会議」で具体像を検討していくことを決めた。アイヌ民族の伝統技術や生活様式を体験できる大規模な公園を、道内を軸に整備する構想が浮上している。鳩山由紀夫首相は、自身の掲げる「共生」社会の象徴的存在と位置付けたい考えだ。

 政府は年明けから議論を開始する同会議の結論をまって、2010年度中にも整備に向けた制度設計に着手する。政府内では、自然の中でアイヌ民族の生活様式を再現し、民族の文化を体験できる施設とする案が浮上。アイヌ民族が大事にしてきた「自然との共生」を伝える狙いもある。


アイヌ政策推進会議の開催について
平成21年12月25日 内閣官房長官決裁

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ainusuishin/index.html

1 趣旨 「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」の報告書を受け、アイヌの人々の意見等を踏まえつつ総合的かつ効果的なアイヌ政策を推進するため、アイヌ政策推進会議(以下「会議」という。)を開催する。
2 構成 会議の構成は、次のとおりとする。ただし、座長は、必要があると認めるときは、構成員を追加し、又は関係者に出席を求めることができる。 座 長内閣官房長官 座長代理 座長が指名する者 構成員別紙に掲げる有識者
3 作業部会 会議は、必要に応じ、作業部会を開催することができる。作業部会の構成員は、座長が指名する。
4 庶務 会議の庶務は、関係行政機関の協力を得て、内閣官房アイヌ総合政策室において処理する。
5 その他 前各項に定めるもののほか、会議の運営に関する事項その他必要な事項は、座長が定める。

別 紙
アイヌ政策推進会議 名簿
座 長  平 野博 文 内閣官房長官
座長代理 小 川勝 也 内閣総理大臣補佐官
構成員
阿 部 一 司  (社)北海道アイヌ協会副理事長
安 藤 仁 介  (財)世界人権問題研究センター所長 京都大学名誉教授
上 田 文 雄     札幌市長
大 西 雅 之     鶴雅グループ代表
加 藤 忠    (社)北海道アイヌ協会理事長
川 上 哲    (社)北海道アイヌ協会副理事長
佐々木 利 和     人間文化研究機構 国立民族学博物館教授
高 橋 はるみ     北海道知事
常 本 照 樹     北海道大学大学院法学研究科長・法学部長 北海道大学アイヌ・先住民研究センター長
能 登 千 織     北海道白老町学芸員
丸 子 美記子     アイヌウタリ連絡会代表
横 田 洋 三     (財)人権教育啓発推進センター理事長 中央大学法科大学院教授





|

« 自殺者、12年連続3万人 | トップページ | 解放同盟滋賀県連支部員名簿が流出 »

つれずれ」カテゴリの記事