« 倉敷市消防局:「著しい人権侵害」 消防職員懲戒免職、父も停職。真相は不明 | トップページ | 百里基地の拡張でしかない。茨城空港。 »

無法回収も。住まい難民が急増。

住宅競売46%増の3万件超

2009年12月6日(日)17時57分配信 共同通信

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2009120601000328/1.htm

 09年度上期(4~9月)に全国で競売にかけられた一戸建て住宅やマンションが、前年同期比46・3%増の3万180件に達したことが6日、業界団体の不動産競売流通協会の集計で分かった。失業や収入急減でローン返済が行き詰まり、競売を申し立てられるケースが急増。競売件数は、ここ数年、年間5万~6万件程度で推移。借金を払えずに自宅を失う「ローン難民」が拡大している。



無法回収──「不良債権ビジネス」の底知れぬ深き闇 (単行本)

椎名 麻紗枝 (著), 今西 憲之 (著)

登録情報
単行本: 317ページ
出版社: 講談社 (2008/9/25)
ISBN-10: 4062148358
ISBN-13: 978-4062148351
発売日: 2008/9/25
内容紹介
債権回収業者が、あなたの生き血をすする! 大型不良債権の処理を終えたサービサーが、個人を債権奴隷にしようと狙っている。債権による無法企業乗っ取り、実質脱法金利、第二のサラ金地獄を防ぐ正義の告発


内容(「BOOK」データベースより)
ただ同然の「ポンカス債権」で連帯保証人まで根こそぎ搾り尽くし、再生名目で会社を乗っ取る。悪逆非道の「ハイエナ」たちが次に狙う滞納年金・税金・奨学金。




|

« 倉敷市消防局:「著しい人権侵害」 消防職員懲戒免職、父も停職。真相は不明 | トップページ | 百里基地の拡張でしかない。茨城空港。 »

つれずれ」カテゴリの記事