« 部落解放同盟という冠は邪魔になっても利益になることはない。 | トップページ | 政府陳情原則として各省庁では受け付けず。国民主権は何処に »

民主暴走の防波堤が社民党?

福島党首、憲法改正反対を強調

2009年11月1日(日)19時31分配信 共同通信

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/kyodo-2009110101000437/1.htm

 平和や人権尊重という憲法理念の実現を目指す「第46回護憲大会」が1日、3日間の日程で長野市で開幕した。政権交代後初めて出席した社民党の福島瑞穂党首は「社民党が政権にいる限り(憲法改正原案を審議する)憲法審査会は動かさない」と述べ、改正に反対する姿勢を強調した。パネルディスカッションで、福島党首は「民意が反映されるよう選挙制度(の変更)を含めて提言していきたい」と述べた。

|

« 部落解放同盟という冠は邪魔になっても利益になることはない。 | トップページ | 政府陳情原則として各省庁では受け付けず。国民主権は何処に »

つれずれ」カテゴリの記事